天地之中歴史建築群

世界遺産-天地之中歴史建築群

天地之中歴史建築群

  • 遺産種別:文化遺産
  • 遺産所在地:河南省
  • 世界遺産登録日:2010年

    「天地之中」歴史建築群(嵩山歴史建築群とも呼ばれます)は河南省鄭州市登封にあり、太室闕と中岳廟、少室闕、啓母闕、嵩岳寺塔、少林寺建築群(常住院、初祖庵、塔林)、会善寺、嵩陽書院、観星台など、漢、魏、唐、宋、元、明、清時代に建てられた8ヶ所11件の歴史的建造物があります。

    太室闕と中岳廟

    太室闕は中岳廟の前にある神道闕(墓道の外に立てた石碑。左右2個あり,死者の姓名、官職を刻む)で、後漢安帝元初五年(118年)に建てられたものです。太室闕は石で建造され、東闕、西闕からなっています。闕には曲芸、闘鶏、剣舞、鯀、楼閣、羊の頭、熊、カメ、トラなどの絵が刻まれています。絵は質朴で、気勢は深くて、古代の人々の芸術性の高さを表しています。

    天地之中歴史建築群塔林

    中岳廟は太室山南麓の黄盖峰にあって、秦時代に建てられました。前漢元封元年(前110年)武帝劉徹が嵩山を見物した時、祠宮を大規模に建造させました。現存する廟の構造は明時代のもので、廟の大部分は清時代順治~乾隆年間に「工部営造則例」という作法によって改修されたものです。中岳廟の敷地面積は117000平方メートルあまり、現存する中国五岳の中で規模が最大で、完全に保存された歴史的建築群です。中岳廟にある現存する殿宇、楼閣、碑など建造物は高い歴史、芸術、科学的な価値を持っています。

    少室闕

    少室闕は少室山少姨廟前の神道闕で、後漢安帝延光二年(123年)前後に建てられました。その構造は太室闕とほぼ同じです。闕には宴会、剣術、猟などの絵がよく保存されています。

    啓母闕

    啓母闕は啓母廟前の神道闕で、後漢安帝延光二年(123年)に建てられ、太室闕、少室闕と共に「中岳漢三闕」と称されます。構造は太室闕と同じです。絵の内容は曲芸、幻術、龍などを含みます。啓母闕の銘文は三闕の中で保存状態が最も良いです。銘文は篆書で書かれ、字体が力強くて、高い文化的価値を持っています。

    嵩岳寺塔

    嵩岳寺塔は嵩山南麓に位置し、北魏孝明帝正光年間(520~525年)に建てられ、中国で現存する最も古いれんがの塔です。塔は台座、塔身、塔刹からなり、平面が十二辺形の形です。高さは36.78メートルです。塔は煉瓦で建造られ、1490年を経っても堅固で巍然とそびえ立っています。嵩岳寺塔は中国建築史上の典範です。

    少林寺建築群(常住院、初祖庵、塔林)

    少林寺常住院は少室山陰五乳峰に位置し、北魏太和十九年(495年)孝文帝期に建造されました。常住院の敷地面積は36000平方メートルで、院内に明、清時代の建物が沢山あります。

    天地之中歴史建築群天地之中歴史建築群

    初祖庵は宋時代の少林寺僧侶が仏教禅宗の開祖――菩提達磨を記念するために建造した建物で、常住院西北の亀の背中の形をする丘にあります。庵には山門、大殿、千佛閣、大殿後ろの東側に聖公聖母亭、西側に面壁亭などの建物があります。それに、大殿は北宋時代に建造された建物で、他の建物は明、清以降に改修されました。また、庵内には宋、金以降の碑碣が40あまりあります。
    塔林は少林寺院の西にあり、少林寺歴代高僧の墓地です。この古塔は昂然としてそびえ立って、イメージはそれぞれ異なり、外見は空高くそびえる木のようで、勢いは密生する森林のようです。塔林には唐、五代、宋、金、元、明、清7時代の古塔228あり、そのうち単層単檐塔、単層密檐塔、印度窣堵波(古代仏教特有の建物です)塔と各種喇嘛式塔があります。

    会善寺

    会善寺はもともと北魏孝文帝が建造した離宮で、魏が滅亡した後に寺になりました。隋時代開皇年間(585~600年)に会善寺という名に変えました。唐時代に殿宇、戒壇和窣堵波を建造しました。会善寺は規模が大きく、高僧をたくさん輩出しました。五代後梁時代に一度廃棄されましたが、宋開皇年間(945?975年)再度仏殿を修築しました。また、元、明、清時代にも改修したことがあります。現在、寺には常住院、戒壇遺跡、古塔、碑碣があります。

    嵩陽書院

    天地之中歴史建築群嵩岳寺塔

    嵩陽書院は嵩山南麓の峻極峰に位置し、北魏太和八年(484年)に建てられ、最初の名は嵩陽寺でした。宋景祐二年 (1035年)太室書院を改修後、嵩陽書院になりました。書院の敷地面積は9984平方メートル、建築配置は清時代の風格で、今までに残る清時代の建築は25です。中軸線上の建物は南から北まで、順次に大門、先聖殿、講堂、道統祠、蔵書楼があります。嵩陽書院は河南睢(スウイ)陽書院(応天書院も呼ばれます)、湖南岳麓書院、江西白麓洞書院とともに中国四大書院と称されます。

    観星台

    観星台は登封市告成鎮の北側に位置し、周公測景台、周公廟とともに5550平方メートルの面積を占めます。観星台は元世祖至元十三年至十六年(1267~1269年)に建てられ、中国で最も古い天文台である同時に、世界的にも天象を観測する最も早い建築物の一つです。

    お勧め鄭州人気ツアー

    悠々の中原文化を持てる都鄭州観光4日間

    ここで少林寺のカンフーショーをご覧いただきます同時に黄河クルーズ体験も楽しみ。

    ※殷の時代より3,500年の歴史をもつ国家歴史文化名城鄭州を見学!
    ※少林寺、塔林、武術アトラクション, 嵩嶽寺塔,河南省博物院, 黄河遊覧区, 黄河ゴムボート遊覧(個人客), ”二七”記念塔を満喫!

    料金: 1534元/人より    |

    洛陽鄭州、開封、三門峡、嵩山(5泊6日)

    中国好き必見!古代中国の面影を訪れる!

    ※登封,三門峡,洛陽,開封を周遊!
    ※三門峡ダム, 三門峡カ国博物館, 函谷関(太初宮),龍門石窟, 洛陽博物館, 白馬寺, 龍亭公園, 鉄塔, 繁塔, 禹王廟, 開封府, 相国寺見学!

    料金: 3878元/人より    |

    中国オーダーメイドツアー

    アラチャイナ(AraChina)は中国の各都市、地方までのツアーを提供しております。ツアーの日程(見所観光、ホテルなど)はお客様の希望により調整可能で、お客様だけのオーダーメイドツアーが作成できます。世界遺産ツアー、功夫ツアー、スキーツアーなどのテーマツアーもあり、ご興味により、中国独特な自然風景と文化をお楽しみください。 ツアーにない観光スポットも追加可能です。詳細についてはお問い合わせください。

    お問い合わせ電話:

    0086-773-2885339

    • アラチャイナ担当-張彬張 彬
    • アラチャイナ担当-沈慧香沈慧香
    • アラチャイナ担当-吉智嵐吉智嵐
    • アラチャイナ担当-趙蓬蓮趙蓬蓮