中医

 中国医学とは中国の伝統的な医学です。陰陽五行の思想を理論の根底とし、望、聞、問、切の四つの診療を主な方法としています。また漢方薬や鍼灸、按摩、吸い玉、気功、薬膳などによって体が陰と陽のバランスをとり、健康回復するとされています。

 日本の漢方医学、韓国の韓医学、朝鮮の高麗医学、ベトナムの東医学、いずれも中国医学を基にして発展してきたものです。

中国伝統医学について

中医

中国伝統医学

漢方医が治療を行う時、昔から伝わる「陰と陽のバランス」と「望、聞、問、切」の療法を使い、自分自身の体から生じた病気と外的な要因に引き起こされた病気を治療します。中国医学では「陰と陽のバランス」は生命の活力の根本と考えられています。


医书

起源と書籍

漢方医学の起源は早く、戦国から秦漢時代にかけて書かれた『黄帝内経』はすでに漢方医学の理論体系は形成されていました。東漢末期、張仲景が書かれた『傷寒雑病論』の中で弁証法的な治療法は漢方医学の原則だとされ、漢方医学の理論や実践はどんどん発展していきました。

中药

常用の漢方薬

漢方薬は植物系の薬、動物系の薬、鉱物によって構成されています。常用の漢方薬は冬虫夏草、クコ、朝鮮人参、ナツメなどがあります。 中国で名高い漢方薬の老舗は北京同仁堂、杭州胡慶余堂、広州陳李済が数えられます。



中药铺

漢方薬の老舗

中国の薬屋の老舗といえば、「北京の同仁堂」、「杭州の胡慶余堂」、「広州の陳李済」という有名な三大漢方薬店です。北京同仁堂は「皇帝専用薬」を取り扱っていたため皇室気質があり、杭州胡慶余堂は「紅頂商人」胡雪岩で世に知られ、広州陳李済は南洋に近く有名になりました。

中医学の療法

拔罐

吸い玉(カッピング)

カッピングは鍼灸と同じように物理療法の一つです。そして昔からある民間療法のひとつです。子どもでも施術を受けることができます。


针灸

鍼灸

戦国時代の書物『黄帝内経』に初めて鍼灸の理論と技術を記されました。二千年以上にわたって鍼灸治療が中国で広まり、さらには世界へと広まっていきました。


按摩

按摩

按摩は漢方医の臓腑、経絡の学説を理論の基礎として、手技で人体に作用し、人間の体の生理と病理の具合を調整し、物理療法の目的を達成する方法です。


艾灸

艾灸

お灸は燃やしたもぐさを身体のつぼに燃やす漢方療法です。お灸は陽気な気分を作り出し、経絡の流通をよくし病巣を散らして腫れを引いて、元気を取り戻すことに効果があります。

お勧めのツアー

中国オーダーメイドツアー

アラチャイナ(AraChina)は中国の各都市、地方までのツアーを提供しております。ツアーの日程(見所観光、ホテルなど)はお客様の希望により調整可能で、お客様だけのオーダーメイドツアーが作成できます。世界遺産ツアー、功夫ツアー、スキーツアーなどのテーマツアーもあり、ご興味により、中国独特な自然風景と文化をお楽しみください。 ツアーにない観光スポットも追加可能です。詳細についてはお問い合わせください。

お問い合わせ電話:

0086-773-2885339

  • アラチャイナ担当-張彬張 彬
  • アラチャイナ担当-沈慧香沈慧香
  • アラチャイナ担当-吉智嵐吉智嵐
  • アラチャイナ担当-趙蓬蓮趙蓬蓮