三国志旅行

 中国の三国志遺跡は各省に渡って無数に点在し、うち最も集中しているのは四川省の成都、湖北省の武漢、陝西省の西安の近くです。

 成都は三国時代に諸葛孔明が蜀漢政権を掌握した場所で、現在、三国志遺跡は成都武侯祠、徳陽の双忠祠と龐統祠、綿陽の富楽山と蒋琬墓、剣門関、嘉陵江畔の古桟道及び閬(ロウ)中古城の張飛廟などが残されています。

 武漢周りの荊州は三国文化の誕生と繁栄の歴史地区で、魏、蜀、呉といった三国時代にはここは軍事家たちの戦略要地でした。荊州市内には荊州区の古城壁、点将台、馬跑泉、洗馬池、沙市区の春秋閣、関沮口、二竜崗、偃月堤、公安県の劉備城、孫夫人城、先主営などの三国志遺跡が多く残っています。

 西安付近の漢中には武侯墓、武侯祠、定軍山古戦場、天蕩山古戦場、古陽平関、馬超墓祠、劉備称漢中王設壇処、諸葛亮読書台、張魯城遺跡、諸葛亮製木牛流馬処などの三国遺跡があります。

三国志観光名所

おすすめツアー

お客様のご希望にあわせて、 あなただけの旅行プランを作成できます。

関連知識