承徳避暑山荘と外八廟

ホーム 中国観光ガイド中国世界遺産 承徳避暑山荘と外八廟
承徳避暑山荘

承徳避暑山荘と外八廟

  • 遺産種別:文化遺産
  • 遺産所在地:河北省承徳市
  • 世界遺産登録日:1994 年
    承徳避暑山荘承徳避暑山荘

    承徳避暑山荘

    承徳避暑山荘は、別名、「承徳離宮」 とも呼ばれ、現存する中国最大の皇室の庭園で、かつて清朝皇帝の避暑と公務を行う場所として建てられた山荘でした。皇帝は、一年のうち半年はここで王公貴族や外国の使節と会見したり、政務を行ったり、避暑地として過ごしていました。

    山荘は宮殿エリアと和苑エリアの2つの部分に分けられています。宮殿エリアに、山荘の南端に位置し、皇帝が政務を行ったり、居住していた場所です。主な建築物に、正宮、松鶴斎、東方宮などがあります。

    現在は、正宮は博物館として公開されており、内部には清朝の宮廷の史跡として、宮廷の芸術品を展示する場所となっています。

    苑景エリアの面積は山荘の8割を占め、湖、平原、丘などから構成されており、当時、皇帝が妃とと戯れたり、宴会を催した場所です。有名な建築物は、煙雨楼、金山亭、如意州、文津閣などがあり、そのほとんどは江南の景勝を真似て作られています。

    外八廟

    山荘の東と北を取り巻くように並ぶ寺廟群が「外八廟」です。1700年代に建立された、「普陀宗乗之廟」というチベット仏教の寺院が有名で、小ポタラ宮と呼ばれています。清朝はチベット仏教を重視したと言われています。

    また、北京の祈年殿に似た「普楽寺の旭光閣」、高さが世界一の木彫仏像のある「普寧寺の大乗之閣」など個性的な建物が並んでいます。

    お勧め承徳避暑山荘人気ツアー

    首都北京と避暑地承徳の世界遺産めぐり(4泊5日)

    世界遺産づくし旅

    ※北京の世界遺産4箇所を回り、保存状態のよい金山嶺長城にもご案内。
    ※承徳の世界遺産も訪れ

    料金: 3929元/人より    |

    北京発、避暑地の秦皇島、世界遺産の承徳(2泊3日)

    避暑地として有名な秦皇島と承徳の二箇所を訪問!

    ※周囲を緑に囲まれた50キロの長さをほこる明代の長城「金山嶺長城 」をも訪れ。

    料金: 3164元/人より    |

    中国オーダーメイドツアー

    アラチャイナ(AraChina)は中国の各都市、地方までのツアーを提供しております。ツアーの日程(見所観光、ホテルなど)はお客様の希望により調整可能で、お客様だけのオーダーメイドツアーが作成できます。世界遺産ツアー、功夫ツアー、スキーツアーなどのテーマツアーもあり、ご興味により、中国独特な自然風景と文化をお楽しみください。 ツアーにない観光スポットも追加可能です。詳細についてはお問い合わせください。

    お問い合わせ電話:

    0086-773-2885339

    • アラチャイナ担当-張彬張 彬
    • アラチャイナ担当-沈慧香沈慧香
    • アラチャイナ担当-吉智嵐吉智嵐
    • アラチャイナ担当-趙蓬蓮趙蓬蓮