ツアー概要

日目 移動都市 交通 スケジュール 食事 宿泊地
Day 1 上海到着 航空券は含まれておりません 上海空港から出迎え \ 上海
Day 2 上海 - 重慶 - 宜昌 国内線 外灘, 豫園, 東台路骨董市場, 新天地, 上海国際金融中心(第94,97,100層含み), 上海ホテルから、空港まで見送り, 重慶空港から出迎え, 重慶船まで見送り 朝,昼,夕 船上
Day 3 三峡   豊都鬼城或いは万県新城観光(上陸観光)
(1500-1730)
朝,昼,夕 船上
Day 4 三峡   神農渓観光(1300-1800). 07:30-10:00白帝城見学可能(現地OPツアーにご参加ください) 朝,昼,夕 船上
Day 5 三峡 - 宜昌 - 上海 国内線 宜昌埠頭から出迎え, 宜昌空港まで見送り, 上海空港から出迎え, 08:00-10:00 三峡ダム工事現場見学(上陸観光)
12:00 宜昌到着
朝,昼 上海
Day 6 上海から帰ります 航空券は含まれておりません 上海ホテルから、空港まで見送り  

ホテル

宿泊地 豪華
標準
経済
上海 上海新世界麗笙大酒店 上海金外灘賓館 -
宜昌 船内泊 船内泊 -
三峡 船内泊 船内泊 -

詳細コース

第 1 日

移動都市: 上海到着, 航空券は含まれておりません
観光内容: 上海空港から出迎え

第 2 日

移動都市: 上海 - 重慶 - 宜昌, 国内線
観光内容: 外灘, 豫園, 東台路骨董市場, 新天地, 上海国際金融中心(第94,97,100層含み), 上海ホテルから、空港まで見送り, 重慶空港から出迎え, 重慶船まで見送り
食事: 朝食, 昼食, 夕食

- 外灘 (40 分): 19世紀後半から20世紀前半にかけての租界地区(上海租界)であり、当時建設された西洋式高層建築が建ち並んでいます
- 豫園 (1 時間): 豫園の「豫」は「愉」に通じ、すなわち「楽しい園」という意味 豫園は外灘と並ぶ上海2大観光スポットのうちの一つであり、上海に来た観光客はほぼ必ず訪れる場所です
- 東台路骨董市場 (30 分): 古い上品な骨董の市場,ご紹介する「東台路古玩街」は、200mほどの小路に骨董品の屋台が軒を連ねる 上海でも有名な骨董ストリートです
- 新天地 (30 分): 古い石造り倉庫群を改装した上海の新しい観光スポットです
- 上海国際金融中心(第94,97,100層含み) (40 分): 中心街区に位置します。地上101階、高さ492メートルの 「垂直の複合都市」。世界最高水準の国際金融センター機能を中心に、世界一の高さと なる展望台、世界中から人々が集う

第 3 日

移動都市: 三峡
観光内容: 豊都鬼城或いは万県新城観光(上陸観光)(1500-1730)
食事: 朝食, 昼食, 夕食, 昼食, 夕食

--豊都には鬼の城がある。前漢の王、後漢の陰という名前の二人がここで修行をして仙人になったという伝説から、二人の名前を合わせて王陰、つまり閻魔大王が住むと言われるようになった。唐代より多くのお寺が作られ、鬼や神の像が並んでいる。塑像の形も彩色も幼稚で、恐怖感を覚えさせるような作りではない。豊都の街から鬼の城まではリフトで登っていく。高台にあるため鬼の城はダム建設による水没は免れるが、すぐ下まで水が来る予想。豊都名山は旧称を「平都山」といい、北宋の詩人蘇軾の詩「平都天下古名山」にちなんで名づけられた。海抜287.3m、面積0.45k㎡。言い伝えでは、漢代に陰長生、王方平の二人が平都山で修行を積み仙人となり、この地を神の都の一つとした。だが唐代まで人々はこの地を、二人の姓を繋げた「陰王(日陰の王)」の居住地、すなわち「冥土」と誤解していたことから「鬼都」となり、哼哈祠、報恩殿、奈河橋、玉皇殿、百子殿、無常殿、大雄宝殿、鬼門関、黄泉路、望郷台、天子殿、二仙楼、城隍殿、九蟒殿など30余りの「冥土」に関連する寺院が建立された。山上には蘇軾、陸遊、範成大など歴代詩人への詩を刻んだ碑がある。或いは万県新城上陸見学します

第 4 日

移動都市: 三峡
観光内容: 神農渓観光(1300-1800). 07:30-10:00白帝城見学可能(現地OPツアーにご参加ください)
食事: 朝食, 昼食, 夕食, 昼食, 夕食

--神農渓は、湖北省神農架の雪山に源を発し、人が足を踏み入れたことのない原生林やカルスト地帯、17の山の間を流れ、湖北省宜昌市の巴東県で長江に流れ込む。全長60キロ。 三峡の険しさは有名だが、神農渓ほどの場所は他にはない。神農渓の水量は多くはないが、浅瀬が多く、川幅が狭いため流れが速い。相対落差は2900メートルあり、危険地帯は四十数カ所にも及ぶため、航行するには大きな危険がともなう。そのためここでは、かじのとりやすい機動性に富んだ小型船「豌豆角」(形がサヤエンドウに似ているため、こう呼ばれる)が、唯一の水上運輸手段であり、伝統的な川下り船となっている。重慶市奉節県の長江三峡に位置する地名。かつて新末後漢初の群雄公孫述がこの地に築いた城が白帝城と呼ばれたことが由来。永安宮ともいう。三国時代、蜀(蜀漢)の建国者劉備が夷陵の戦いで呉に敗れ、逃れたのが白帝城。劉備は後事を諸葛亮に託し、この城で没した。 『三国志演義』では、一度呉の将陸遜に夷陵追撃戦として白帝城を攻撃されるが、あらかじめ諸葛亮が仕掛けておいた石兵八陣により敗走する。後の唐の時代の詩人李白は『早発白帝城』(早に白帝城を発す)という詩を残している。2005年現在は三峡ダムの開発により完全に孤島化されるとされている。2006年に中華人民共和国の全国重点文物保護単位に指定された。

第 5 日

移動都市: 三峡 - 宜昌 - 上海, 国内線
観光内容: 宜昌埠頭から出迎え, 宜昌空港まで見送り, 上海空港から出迎え, 08:00-10:00 三峡ダム工事現場見学(上陸観光)12:00 宜昌到着
食事: 朝食, 昼食

第 6 日

移動都市: 上海から帰ります, 航空券は含まれておりません
観光内容: 上海ホテルから、空港まで見送り
食事: 朝食

中国ツアー

お客様の希望により調整可能で、お客様だけのオーダーメイドツアーも作成しております。

人数

旅行開始日

ご予算(一人当たりの料金)

ご氏名

E-メール

電話番号

ツアーのご要望