ラサ旅行ガイド

 「ラサ」とはチベット語で「聖地」あるいは「佛のいる場所」の意味で、長い間チベットの政治、文化、宗教の中心であり、特に輝く雄大なボタラ宮(布達拉宮)は政治と宗教が一体になった最高の建造物です。

 ユネスコ世界遺産として知られるポタラ宮をはじめ、ジョカン寺(大昭寺)、ラモチェ寺(小昭寺)、デプン寺(哲蚌寺)、セラ寺(色拉寺)、ガンデン寺(甘丹寺)、ツルプ寺(楚布寺)など数多くのチベット仏教寺院があります。どの寺にも重厚な歴史があり、それぞれに数多くの仏典、壁画、多様な芸術品が存在し、極めて高い価値を持っています。

 チベットはその独特な地理と自然に恵まれた秘境であり、さらにはチベット仏教の聖地でもあるゆえ、世界各国の旅行者・巡礼者とっての憧れの地でもあります。

ラサ旅行スポット

 ラサの観光スポットが大体3種類:歴史悠久な古い建築、美しい自然風景、壮観な寺に分けられます。

 歴史悠久な古い建築: ポタラ宮(布達拉宮)、パイラ(帕拉)荘園 など。
 美しい自然風景:ニンティ(林芝)の魯朗林海(ルランリンハイ) チベット三大聖湖の一つである羊卓雍湖(ヤムドゥク湖)、険しいヤルツァンポ大峡谷など。車で移動中、車窓の外はすべて人を感嘆させるほど独特な風景です。
 多くの寺:チベット人はほとんどチベット仏教を信仰しています。ラサの街を歩くと、特にポタラ宮、ジョカン寺(大昭寺)、ラモチェ(小昭寺)の周りで、転経器を手に持ち回している多くの人を目にすることができます。 もっと見る

ラサの交通情報

ラサの交通

 ラサクンガ空港は、ラサの南西約100キロメートルに位置し、クンガ県を横断する壮麗なヤルツァンボ川の南岸にあり、標高3600メートルに迫る世界有数の高標高に位置する国際空港です。

 ラサ駅はラサの西南に位置し、トゥールン・デチェン県柳梧郷のラサ川南岸にある青蔵鉄道最大の駅です。

 川蔵公路から陸路でチベットに入るのに最も適した時期は、5月と8.9.10月です。雨期に入ると、土砂崩れで一時封鎖されることが珍しくありません。 もっと見る



ラサ 地図

ラサ グルメ

 パター茶はチベット族の主な飲み物です。おもてなし好きのチベット人はパター茶で客をもてなします。このとき招かれた側は断ると失礼にあたります。

 ツァンパはハダカムギ或いはエンドウを炒って粉にしたもので、チベット人特有の主食です。食べる時はこの粉で団子を作り、パター茶と一緒に食べます。

 ハダカムギ酒はハダカムギを原料にして醸造した酒で度数が低く、チベット族の人々に好まれています。お酒の色はオレンジで、味は少し甘めです。もっと見る

酥油茶

パター茶

糌粑

糌粑

裸麦酒

裸麦酒

ラサ旅行道具箱

ラサ旅行の注意点

 チベットはその独特な地理と自然に恵まれた秘境であり、さらにはチベット仏教の聖地でもあるゆえ、世界各国の旅行者・巡礼者とっての憧れの地でもあります。ただし、チベットは開発された他の観光地とは異なるため、訪れる際には必ず事前にチベットに関する知識を身につけ、準備しておく必要があります。

 高地に入る前、準備しておくべき事項 、入ってからの注意事項、高山病と紫外線の予防対策とグッズの準備を紹介しましょう。 もっと見る

ラサ旅行に関する豆知識

  • 1.まずは、列車でラサへ行く場合をご紹介します。鉄道沿いの景色は最後の半日からどんどんきれいになっていきます。列車で行くとかなりの時間がかかります。最速の直行列車でも20時間以上かかります。たとえ一等寝台に乗っても疲れるでしょう。旅行シーズンになると、切符はかなり入手しにくくなり、あらかじめ切符を購入したり、グループで共同購入したりするのがおすすめです。
  • 2.飛行機の往復切符の料金は比較的に高いです。しかし、前もって予約して買うと、値引きすることができます。ラサから成都行きの飛行機は比較的に多いです。もし乗り換えが必要な場合、成都で乗り換えたほうが少し安くなるでしょう。しかし、安いかどうかは実際の値段は路線や時期によって変わります。天気が変わりやすいので、荷物が遅れて届く可能性があります。その時は、空港の説明をよく聞いてください。

    ラサゴンカ空港は比較的に小さいので、搭乗券が買える窓口は普通に、すべての航空会社のチェックイン手続きをします。搭乗口は基本的に二階にあり、何番から搭乗するか一目瞭然です。

  • 3.ラサの温度はとても低いわけではありません。しかし、風が強く、空気が乾燥し、日差しが強く、昼夜の温度差が比較的に大きいです。しかも、海抜が高い周りの山の温度が比較的に低くて天気が変わりやすいので、コート、帽子、日除け傘、サングラス、日焼け止め、リップクリームや保湿クリームは必須アイテムなのです。天気によって衣装を調整することを心がけてください。風邪薬も持ち歩いたほうがいいです。大昭寺、ポタラ宮、タシルンポ寺など一部の寺は観光客の服装にこだわりがあります。長さはひざ以下のズボンをはかなければなりません。ミニスカートをはいてはいけません。女性の観光客は夏の場合、なるべく薄いスポーツズボンか別の長ズボンをはいてください。
  • 4.ラサは「小さな四川」とも呼ばれています。なぜなら、ラサの人口の三分の一は四川省出身で、多くのレストランも四川の方々が経営して料理の味が濃くて辛いからです。チベットにある各観光スポットの距離が離れており、食事を定時に取らないかもしれません。これは先に知っておいたほうがいいです。晩ごはんはあまり食べ過ぎないでください。水を含めて、チベットの料理を味わいながら、体調の変化に気を付けてください。気候風土になじまないと、下痢を起こしやすいです。一般の下痢止めや胃腸薬を持ち歩いたほうがいいでしょう。
  • 5.高山病に関することをご紹介します。高血圧、心臓病、喘息を患った人はチベットへ行くのに適していません。ラサは海抜が3000m以上です。ニンティの海抜はラサより低いです。激しい運動を避ければ、高山病を誘発する可能性は低いです。しかし、七日前からイワベンケイを飲むことはおすすめです。ホテルと薬局で高山病の治療薬が買えるので、特別に用意する必要がありません。それに、なんかあるとすぐ酸素を吸うのはやめたほうがいいです。酸素を吸いすぎると体によくなくて、依存しがちになります。心配しすぎないで、自分をもっと信じてください。
  • 6.チベットについた初日、シャワーを浴びたり、髪の毛を洗ったりしてはいけません。なぜなら、体温が上昇するのにつれて、酸素不足になり、高山病を誘発するからです。それに、風邪をひくおそれがあります。念のため、風邪予防の薬を持ったほうがいいでしょう。
  • 7.グループツアーでチベットへ行くなら、ホテルのコンディションはあまりよくないことが一般的です。衛生状況、施設、食事などは思うようにならないのです。
  • 8.チベットの経済は主に観光業に頼っています。物価はちょっと高いです。
  • 9.辺鄙な町に公共トイレは少ないです。距離が離れている観光エリアへ行くとき、途中でトイレがあるなら、行ったほうがいいです。公共トイレは一人に一元です。
  • 10.チベットの道端でおみやげを売っている店はたくさんあります。大型デパートで販売しているおみやげ品は値段が少し高いですが、品質に保証があります。

ラサの天候の特徴

 ラサ市区の標高は3650メートルで、谷間の沖積平野に位置し、世界で標高が一番高い都市の一つといわれています。空気が薄くて、昼夜の温度差が大きいです。冬と春は乾燥して、強い風が吹きます。

チベット仏教

 ラサは成立以来、政治と宗教が一体となった、いわば宗教都市としての歴史を歩んできました。「ラ」はチベット語で神(仏)、「サ」は土地を意味し「神の地」を意味する名前です。

 チベット仏教の師僧として知られるパンチェン・ラマは宗教上のリーダでもあると同時に、政治上のリーダでもあります。かつてチベット仏教4大宗派の1つであるサキャ派がチベットを支配した時期、多くの寺院は各々が固有の領地と小作農を持ち、寺院を中心とする独立したコミュニティを形成していました。こうした宗教を基軸とし、政治、文化、歴史、医薬、芸術が一体となった、独特のコミュニティは長い歴史の中に受け継がれ、今も数多くのお寺が人々の生活に密着しています。

 ラサの街を歩くと、特にポタラ宮、ジョカン寺(大昭寺)(大昭寺)、ラモチェ(小昭寺)の周りで、転経器を手に持ち回している多くの人を目にすることができます。転経器はマニ車(マニコロ)とも呼ばれ(マニはチベット語で「宝珠」、コロは「チャクラ:円」の意)、その側面には仏教の陀羅尼(呪文)の1つである六字真言(六字大明呪)が刻まれています。チベット仏教では、この六字真言を唱える回数が多ければ多いほど、観世音菩薩にの敬虔な心を表すこととなり、輪廻の苦から抜け出すことができるとされています。マニ車を右回り(時計回り)に一回転させると経を一回唱えるのと同じ功徳が得られるのだそうです。転経は、決められたルート(遍路)に従って巡礼します。チベット仏教の信教者にとってのチベット・ラサはまさに聖地であり、世界の中心です。ラサでは今日も多くの信徒たちがマニ車を手に巡礼しています。



中国オーダーメイドツアー

アラチャイナ(AraChina)は中国の各都市、地方までのツアーを提供しております。ツアーの日程(見所観光、ホテルなど)はお客様の希望により調整可能で、お客様だけのオーダーメイドツアーが作成できます。世界遺産ツアー、功夫ツアー、スキーツアーなどのテーマツアーもあり、ご興味により、中国独特な自然風景と文化をお楽しみください。 ツアーにない観光スポットも追加可能です。詳細についてはお問い合わせください。

お問い合わせ電話:

0086-773-2885339

  • アラチャイナ担当-張彬張 彬
  • アラチャイナ担当-沈慧香沈慧香
  • アラチャイナ担当-吉智嵐吉智嵐
  • アラチャイナ担当-趙蓬蓮趙蓬蓮