張家界旅行

張家界旅行

 張家界は中国の中部、湖南省の北西部に位置し、上海や北京から1000キロぐらい離れています。張家界はその険しい山や綺麗な渓流と生い茂った森と大型な岩窟によって世界的に知られています。
 映画「アバター」が上映された後、多くの外国の観光客からも注目されるようになりました。1982年、張家界国家森林公園は中国で初めての国家森林公園となりました。中国で最もよい国家公園(国家級観光地)の一つです

張家界の見所

 張家界の必見名所は、張家界国家森林公園、天門山、張家界大峡谷のガラス橋と3つです。
 張家界国家森林公園は広くて、探索するなら少なくとも2日間が必要です。 その素晴らしいそびえ立つ岩峰群と豊かな野生生物で多数の訪問者を引き寄せます。
 天門山は国立公園とはかなり異なります。山頂からの眺望、宙に浮いているガラスの散歩道、そして、素晴らしい景色を望むケーブルカーがあります。
 張家界大峡谷のガラス橋は全長430メートル、幅6メートルで世界で一番高いガラス橋です。

張家界国家森林公園

張家界国家森林公園

 張家界は四つの地域に分けられています。南部の金鞭渓は張家界市に一番近いです。袁家界は真ん中にあって、索渓峪鎮の東側に位置します。北側にある天子山と西側にある開発されたばかりの楊家界です。

The Golden Triangle

天門山

 天門山は張家界の市区からわずか8㎞しか離れていません。ロープウェーの中から、絶壁の間をぐるぐる回っている道や山の絶景を見下ろして楽しむことができます。


A Close Encounter with Pandas

張家界大峡谷・ガラス橋

 張家界大峡谷のガラス橋は全長430メートル、幅6メートルで世界で一番高いガラス橋です。橋面から谷底まで約300メートルあります。橋を歩くと、下の延々と続く山脈を見下ろせ、雲に乗り、緑の海を渡るようで、ドキドキします。

張家界旅行のベストシーズン

 張家界国家公園は一年中観光可能で、4月から10月の間は観光の一番良い時期と言われています。

 4月、春が来ると山間の桃花が咲き、空気が清々しく、万物の生命力を感じることができます。特に、金鞭渓、宝峰湖、黄石寨、十里画廊、烏龍寨をお勧め致します。

 夏は雨が多いので、雲海が望めます。天門山の凌霄台、袁家界の迷魂台、天子山、黄石寨はいい雲海を楽しめ所でしょう。7月、8月は中国の夏休みになりますので、最も混雑する期間で旅行代金も高くなります。

 秋はだんだん晴が多くなり、山上の木の葉がまだ鮮やかな緑から、黄色くなるものや、花束のように真っ赤なものなど、とても綺麗な山の風景を堪能できます。この時期には、金鞭渓、袁家界の乾坤柱、楊家界の烏龍寨、天子山の神堂湾や天子阁や大观台などをお勧めいたします。

 冬には雪が降り、雪化粧の峰林は特別な趣があります。その時に、仙界のような武陵源の山峰、大峡谷の異なる魅力を発見することができます。しかし、この時期の旅行はおすすめできません。雪が降り、凍ることもありとても寒いです。道路も大変滑りやすくなります。

行き方

 飛行機 :中国の多くの大都市との間に直行便があります。

 毎日張家界への直行便がある都市は下記通りです。
 長沙(1時間)、北京(3時間)、上海(2.5時間)、西安(1時間)、広州(2時間)、南京(2小时)、武漢(1時間),昆明(1.5時間)、青島(2時間)と沈陽(5時間、途中降機あり)。

 毎週2-4便の直行便がある都市は下記通りです。
 桂林(2時間)、成都(1.5時間)、重慶(1時間)、杭州(2時間)、深セン(2時間)、天津(4時間、途中停留あり),蘭州(2時間)、連云港 (2時間)と石家庄(1時間)。

 列車:湖南省の長沙市から列車で6時間、あるいは飛行機で1時間で張家界に到着できます。ここを乗り換えの場所として良いです。列車なら宜昌(5時間)、広州(14時間)、深セン(18時間)、柳州(12時間)で張家界に着くことできます。


栅格占位符

食事

 張家界の食べ物は伝統的な湖南料理と土家族料理の味を合わせ持っています。

 張家界は小さな町なので、レストランとグルメはそんなに多くないし、精進料理の店もありません。張家界国家森林公園にはどのスポットにもちいさなレストランがあって、地元のおいしい料理を販売しています。もし弊社を選んでくださったら、弊社のガイドは最もよいレストランを選び、手配してくれます。国家公園の近くにある武陵源という町には多くのレストランがあります。もし辛いものが苦手のなら、事前にガイドに話したほうがいいでしょう。