ツアー概要

日目 移動都市 交通 スケジュール 食事 宿泊地
Day 1 北京 - ハイラル HU7101 ハイラル空港から出迎え \ ハイラル
Day 2 ハイラル   金帳汗, 鄂温克民俗博物館, 旧日本軍地下要塞跡 朝,昼 ハイラル
Day 3 ハイラル   ホロンバイル草原 朝,昼 ハイラル
Day 4 ハイラル - 満州里   専用車でハイラルから満州里へ, 中俄国門景区, 諾門罕戦争遗物陳列館, 民間貿易区, 中露国境線, ロシア人形広場 朝,昼 満州里
Day 5 満州里 - 北京 KN2936 蒸気機関車広場, 民間貿易区, 满州里鉄道, 満州里ホテルから、空港まで見送り  

ホテル

宿泊地 豪華
標準
経済
ハイラル - ホロンバイル賓館 -
満州里 - 満洲里大飯店 -

詳細コース

第 1 日

移動都市: 北京 - ハイラル, HU7101(08:50/11:00)
観光内容: ハイラル空港から出迎え

第 2 日

移動都市: ハイラル
観光内容: 金帳汗, 鄂温克民俗博物館, 旧日本軍地下要塞跡
食事: 朝食, 昼食

- 金帳汗: ハイラル「海拉爾)郊外の草原観光スポットで、かつてモンゴル帝国を構成した諸「ハン国」の一つです。
- 鄂温克民俗博物館: 鄂温克博物館は少数民族エヴェンキ族の生活、風俗を展示します。「鄂温克」とは「大きな山の中に住む人」という意味です。エヴェンキ族は狩猟でトナカイを使うため、「トナカイ使い」と呼ばれています。「森林の舟」と呼ばれるトナカイは、欠かせない交通手段と経済の源です。
- 旧日本軍地下要塞跡: ハイラルの関東軍地下壕。 生々しく当時の資料が整理されています

第 3 日

移動都市: ハイラル
観光内容: ホロンバイル草原
食事: 朝食, 昼食

- ホロンバイル草原: なだらかな丘陵地帯(草原)が続き、草原の真ん中に、緩やかに蛇行した川が流れています。草原では水のある場所に動物たちが集まります。ツーリスト用キャンプでモンゴル相撲を見たり、モンゴル族の伝統的な楽器「馬頭琴(ばとうきん)」の演奏を聴いたりしながら、内蒙古の伝統にも触れることができます。

第 4 日

移動都市: ハイラル - 満州里
観光内容: 専用車でハイラルから満州里へ, 中俄国門景区, 諾門罕戦争遗物陳列館, 民間貿易区, 中露国境線, ロシア人形広場
食事: 朝食, 昼食

- 中俄国門景区: 中国とロシア重要な国門で、上の展望台からロシアの町「後貝加尓町」を一望できます。
- 諾門罕戦争遗物陳列館: 諾門罕戦争遗物を陳列し、当時の戦争状況を観光客に展示します。
- 民間貿易区: 中国とロシア商品貿易市場、様々な商品はここで購入できます,1992年から中国4A観光地になります
- 中露国境線: 2008年7月21日、中露外相が北京で東部国境画定に関する議定書に署名し、中露国境は全て画定した.41号国境碑で記念写真を取れます
- ロシア人形広場: 中国唯一ロシア人形のテーマ広場、中国ロシアとモンゴル三国の友誼象徴となります。面積は6万平方メータルがあり、高さは30メータルが至るロシア人形は世界第一と讃えます。

第 5 日

移動都市: 満州里 - 北京, KN2936(19:35/21:35)
観光内容: 蒸気機関車広場, 民間貿易区, 满州里鉄道, 満州里ホテルから、空港まで見送り
食事: 朝食

- 蒸気機関車広場: 中国の毛沢東様の専用列車とかつて戦場で使ったことがある「米格」15型戦闘機などが陳列しています。
- 民間貿易区: 中国とロシア商品貿易市場、様々な商品はここで購入できます,1992年から中国4A観光地になります
- 满州里鉄道: 満州里駅(まんしゅうりえき)は、中華人民共和国内モンゴル自治区フルンボイル市満州里市にある、ハルビン鉄路局管理の浜洲線の駅です

中国ツアー

お客様の希望により調整可能で、お客様だけのオーダーメイドツアーも作成しております。

人数

旅行開始日

ご予算(一人当たりの料金)

ご氏名

E-メール

電話番号

ツアーのご要望