フフホト概況

フフホトフフホトは黄河の支流である大黒河の北、草原の中に開けた町。フフホトとは、モンゴル語で「青い城」の意で、青い屋根のチベット寺院を象徴していている。北には陰山山脈の支脈である大青山が連なる。モンゴル、漢、ダフール(ダゴール)、エヴェンキ、オロチョン、回、満州、朝鮮などの民族が住む。農業、畜産業が主な産業で、鉄鋼、石炭、林業も比較的発達している。希土類、天然塩類の生産量は全国一である。2万年前にはこの地にオルドス人が登場した。戦国時代には東胡、匈奴などの民族が勃興し、一部は趙、燕などの領土になる。秦、漢代には郡が置かれ、唐代には州が置かれた。元代になると「上都」という都が置かれたこともある。清代には、科挙制とは異なる世襲領主による地方統治が行われた。1947年、中国建国に先立ち自治区に指定された。

気候

フフホトは乾燥と湿潤の入り混じった中温帯の季節風気候に属しており、降水量は少ないうえに、平均していない。寒暖の変化が著しく激しいことが特徴である。冬は長くて寒い。中でも1月が最も寒く、最低気温はマイナス25℃~45℃になる。昼夜の温度差が極めて大きく、夜間の気温は夜昼に比べ20℃も低くなる。夏季でも長袖の服が必要。春は日照りが続き、冬は吹雪に見舞われ、災害を引き起こすことがある。 毎年4月から10月までが、フフホト旅行に最も適した季節だ。もし草原に行くつもりなら、7月中旬から9月初め頃に行くのがいいだろう。この時の草原の景色は人々を魅惑してやまい。(携程旅行網より)

見所