オルドス

オルドス

オルドスは内モンゴル自治区の西南部に位置し、西、北、東三面は黄河に囲まれ、黄河上中遊地区に属している。境内黄河の流れは728kmに至る。オルドス市の総面積は8.7平方キロ、総人口は151.4万人、その中、モンゴル族は16.8万人がいる。
オルドスの名は、モンゴル語で「宮廷」を意味する「オルド」を語源としており、この集団はモンゴル帝国の始祖チンギス・ハーンの生前の宮廷をチンギスの霊廟として奉祀していた。


包頭の見所