包頭

包頭

包頭市は内モンゴル自治区の地級市で、自然環境は大陸性中温帯の半乾燥季節風気候帯に属し、年平均総降雨量312mm、年平均気温6.4℃、年間の日照時間は3,145時間である。
市の名の由来はモンゴル語の「鹿のいる場所」で、中国語では「鹿城」とも称された。第一工人文化宮門の前に置かれた「人」の字形の彫刻は、包頭市のシンボルマークで、頂部の三匹の駆け回る鹿が「鹿城」を象徴している。市は東河、青山、昆都侖、九原の4つの区に区分けされており,建設路と鋼鉄大街で繋がっている。白雲鄂博では鉄鉱石は豊富に採掘されている。


包頭の見所