ジャイアントパンダ

パンダ

 パンダは地球にもう800万年生息しているので、「生きている化石」と呼ばれています。そして、世界で唯一中国にしかいないので、「中国の国宝」とも呼ばれています。

パンダの歴史

 1869年フランスの博物学者Armand David神父(1826.9.7-1900.11.10)は四川の雅安宝興県で地元の人に「白熊、花熊」と呼ばれる動物の跡を発見しました。地元のハンターに助けてもらって、彼はその動物の標本と骨をフランスに運びました。パリ自然歴史博物館の認定によって、「黒白熊」は新種として、世界に知られました。

パンダの生息地

パンダは高い山の斜面にあるジメジメとした大きな竹林のなかで暮らしています。標高約1200~1300mくらいのところです。かつては中国の中央付近、南、東と各地、さらにはミャンマーや北ベトナムといった近隣諸国に広がって生息していました。しかし彼らの生息地は農地や伐木のために西の限られた地域に縮小しています。。しかし、今そのエリアは赤い地域に縮小し、秦嶺山脈岷山山脈、邛崃山及び大小相山にしか生息しております。パンダの生息地もっと見る

パンダは湿度の高い所が好きで、長江上流の高い山や深い谷に生息し、ここは東南モンスーンのおかげで、湿度は長年80%以上を維持でき、涼しいです。パンダの生息地に木が生い茂り、竹もよく成長し、気温は比較的に安定しているので、からだをよく隠すことができるほか、食料も水も豊かです。

パンダの外見

 パンダは体つきが熊とよく似、頭と体には黒と白の毛で覆われています。パンダの毛はその黒が真っ黒ではなく、白も真っ白ではありません。黒は褐色を帯び、白は黄色っぽいです。そういう色合いは森林或いは雪のある地で天敵に見つかりにくいためです。爪は鋭く、足は力があり、素早く木に登れます。

パンダのどこが白いか、どこが黒いか、ご存知ですか。

 耳、目、鼻、肩、四肢

 パンダの特徴をもっと見る

パンダの習性

 パンダは毎日半分の時間で食べて、後の半分の時間は大体夢の中で過ごします。野外では、パンダは2回の食事の間に2~4時間寝、伏せたり、仰いたり、手足を伸ばしたり、曲げたりして色な形で寝ます。

 パンダは一番人気のある所はそのふくふくした体とのろのろした歩き方です。歩くときはのろのろしてますけど、木に登るときは非常に素早いです。

パンダの習性をもっと見る

パンダの消化

パンダの消化システムは肉食類の動物の特性を持ち、利用率が低く、食物が体内に留まる時間が少なく、食物内の繊維を消化する微生物が足りないので、大量の食物を食べるからこそ、体が必要なエネルギーを提供できます。

パンダの食物

 パンダの食物は99%が竹で、パンダの食物となる竹は12属60種あまりあり、その中で箭竹属のものは20種を超えました。そのほかには巴山木竹、箬竹、白夾竹、苦竹などもパンダがよく食べる竹です。そのほかの1%は他の植物です。野生のパンダは草や果物、虫、そのほかに小動物も捕まえて食べます。

 養殖されているパンダは「特製パン」もよく食べます。毎朝、飼育係は「特製パン」をつくり、パンダに配ります。「特製パン」はとうもろこし、大豆、米、マカラスムギ、小麦、植物油、ミネラル物質及びビタミンで科学的な比例で作られます。飼育されている成年パンダは毎日600-1000グラムの「特製パン」を食べます。

 パンダは毎日、半分の時間を食べることに費やします。ぎこちなく見えますけど、手足を併用し、食べ物を取り、口に入れています。

パンダの匂い印

 パンダは近視眼で、生息地に残した匂いでコミュニケーションを実現する時が多いです。パンダはよく尿或いは肛門腺から分泌したもので印を付けます。

 オスのパンダが印を付ける時、よく逆さまに経って、木の高い所に出してやります。その印は高ければ高いほど、そのオスのパンダが強いこと現し、ほかのパンダを威嚇する作用があるほか、その匂いも遠く広がるので、メスを惹きつけて、交配の成功率を高めることになります。

 パンダの研究者はパンダにとって、どのパンダの尿の匂いも唯一で、人の指紋みたいで、身分を証明する印だと考えているそうです。パンダはその匂いで性別、年齢、繁殖条件やそのほかの情報も読み取れます。

パンダの繁殖――何歳になって恋をし、子どもを産めるの?

 飼育されているメスのパンダは4歳頃、オスのパンダは6歳頃、大人になりますが、野生のパンダはやや遅れます。(飼育されているパンダの平均寿命は30さいですが、野生のパンダは20年しか生きられません。)

 パンダの一生をもっと見る

パンダ赤ちゃん

 生まれたばかりのパンダはまだよく発育しておりません。その体重は母パンダのわずか0.1%で、生まれてからの何週間、母パンダは子供をずっと懐に抱き、移動するときも、口に咥え、ずっと自分の体で子供を温め、保護しています。野生の場合、もし生まれた子供が双子の場合、母パンダは弱い子供を諦めることがよくあります。そうすると、一頭は活かせます。飼育の場合、飼育係は人工飼育で、専門の技術で、すべての子供を生かせるように頑張っています。母パンダは子供を舐める時は、子供を排泄させているかもしれません。飼育の時も、飼育係は母パンダの動作を真似て指で子供パンダの腹をなでて、排泄を促進します。

 1~2週間たつと、子パンダの体に黒毛の部分が色濃くなります。一ヶ月に、耳、目、足、肩の所も黒くなり、母パンダと似るようになります。6~8週のころ、目を開け、歯が生えてきます。三ヶ月が経ると、歩き始めます。

 パンダ赤ちゃんをご紹介

 毎年9、10月にパンダの繁殖センターでは、その年生まれた子パンダを披露します。10~20頭の子供パンダを公開しまづす、観光客は近距離で子供パンダを見物できます。もしご興味あれば、Arachina中国旅行にお問合わせください。特別なパンダの旅をご手配しております。オーダーメイドツアー

 パンダ見学旅行をご紹介

パンダのボランティア

  こ見るだけでは物足りない方はパンダのお世話をし、パンダボランティアプログラムに参加するのはいかかでしょう。のプログラムではパンダとのふれあいを通してすばらしい体験をすることができます。期間中、パンダの飼育員とともに仕事をし、パンダの世話をしながら保護や飼育について学びます。最後は修了証書が授与されます。

 パンダのボランティアをご紹介

パンダにとって危ないこと

 2014年の調査では1864頭の野生パンダがいます。世界でも最も危機品種になっています。そのため1961年にWWFのシンボルに選ばれました。パンダの生息地は日に日に縮小し、パンダの数も激減しています。最も深刻なのはその生息地がすべて離れている島のように孤立しています。生息地の減少のもう一つの原因は人口の増加にあり、農業のため、森林と竹を破壊したり、公路を修築したり、観光したりして、パンダの生息地を奪いました。

パンダの友達

 パンダの隣にはキンシコウ、カモシカ、レッサー・パンダ、鹿などが住んでいます。自然の歴史からみると、そういう動物はすべて百万年前から何百万年前の動物で、パンダと同じ環境に住んでいます。

中国オーダーメイドツアー

アラチャイナ(AraChina)は中国の各都市、地方までのツアーを提供しております。ツアーの日程(見所観光、ホテルなど)はお客様の希望により調整可能で、お客様だけのオーダーメイドツアーが作成できます。世界遺産ツアー、功夫ツアー、スキーツアーなどのテーマツアーもあり、ご興味により、中国独特な自然風景と文化をお楽しみください。 ツアーにない観光スポットも追加可能です。詳細についてはお問い合わせください。

お問い合わせ電話:

0086-773-2885339

  • アラチャイナ担当-張彬張 彬
  • アラチャイナ担当-沈慧香沈慧香
  • アラチャイナ担当-吉智嵐吉智嵐
  • アラチャイナ担当-趙蓬蓮趙蓬蓮