上海浦東空港案内図

上海浦東国際空港は上海市の中心部より30㎞、上海虹橋空港から40㎞離れた、上海市浦東新区江鎮、施湾、祝橋の海側に位置し、総敷地面積は40k㎡あります。国内線はもちろん、多くの国際線が浦東国際空港を離着陸しています。浦東国際空港には27.8万㎡の広さを有するT1ターミナルと、その2倍の面積、54.6万㎡を有するT2ターミナルの2つのターミナルがあります。

T1ターミナル

T1ターミナルの片側には駐機場、もう一方の側には地上交通機関があります。ターミナル内では搭乗手続きや手荷物預けや引取り、郵便などに関する手続きを取り扱っています。上海浦東国際空港には手荷物一時預かり所、郵便局、案内所、遺失物取扱所、ビジネスセンター、喫煙室、更衣室、休憩室、レストラン、ショップ、免税店などの施設があります。

T2ターミナル

T2ターミナルはメインビル、連絡通路、待合ロビーで構成されています。三階建てで、上から順に国際線出発フロア、国際線到着フロア、国内線出発・到着フロア(国内線の出発・到着は同じフロア)に分かれています。

T1とT2ターミナルの間の交通アクセス

徒歩:T1、T2ターミナル間には約400mの廊下が3か所あります。荷物が少なければ歩いてもよいでしょう。徒歩で15~20分ほどかかります。
シャトルバス(無料):T1とT2間には無料のシャトルバスがあります。朝6時から夜24時まで、10分おきに発車しており、5分で着きます。