子連れで楽しめる中国観光スポット

子連れで楽しめる中国観光スポット

子連れで楽しめる中国観光スポットTOP 3

 コロナの影響で中国に滞在する多くの日本人が休暇中も帰国することができずにいます。休みを利用し、お子様を連れて旅行に行くならどこをお選びになりますか? 3〜4人家族の場合、どのようにホテルの部屋を選べばいいか、など弊社では経験を生かし、お客さまにご提案しております。

 お子様から大人まで満足できるような目的地選び。疲れすぎず、かつ移動手段の車は長時間ではなく、さらにはチャイルドシートも完備させ・・・このようなことを踏まえいくつかの目的地を選びました。

 

TOP1 桂林観光TOP1 桂林観光リラックスした旅ができる都市
    TOP2 张家界TOP2 张家界世界遺産に認定されたスリル満点の観光スポット
      TOP3 九寨溝TOP3 九寨溝世界遺産である童話のような絶景

        Top1 桂林

         桂林の多様な地形は魅力的です。ゆったりとした時間を過ごしたいご家族におすすめです。桂林はリラックスした旅ができる都市です。お子様がいくつであっても桂林なら大丈夫です。桂林から陽朔まで漓江の観光船に乗り、のんびりとカルスト風景を満喫したり、自分のペースでサイクリングしながら田園風景を楽しんだり、お子様たちとカルストの洞穴を探険することができます。

         これらの観光スポットに加え、いくつかのこの土地ならではの体験がさらに豊かな気持ちにさせてくれます。ゆばの作り、竹でご飯作り、瑶族の刺繍を体験するといったことができます。

         桂林は有名な観光地なので高級ホテルがたくさんあります。多くのホテルにはファミリールームとコネクティングルームがあり3〜4人家族さらには5人家族が同じ部屋で泊まることができます。漓江の周辺にもホテルがあり、ホテルに居ながらにして自然の美しさを満喫できます。

        桂林
        shimao tianjie

        Top2 九寨沟

         世界遺産である九寨溝の童話のような絶景は魅力的で色とりどりの水はすべて透き通っています。風がなければ周囲の山々が湖に映ります。九寨溝のベストシーズンは6月下旬から10月下旬で天気が良く、水量が多く、景色が素晴らしいです。

         九寨溝ツアーは主に九寨溝観光と黄龍景観光です。景区内の移動は便利です。3歳以上のお子様でしたら大丈夫です。九寨溝風景区では、観光客センターで遊覧バスに乗り換えて、さまざまな観覧スポットに行くことができます。黄龍風景区は往復ロープウェイを使用して観覧スポットに行くことができます。九寨溝の平均標高は約2900メートルです。年齢が低いほど早く高山病に適応できます。九寨溝風景区では诺日朗レストランのみ食事できます。お子様の食事に関してご不安がありましたら軽食などをご持参されることをお勧めいたします。

         九寨溝にはいくつかの外資系ホテルがあります。これらのホテルにはたいてい子供用の遊び場があり、2泊以上滞在するとホテルの温泉を利用することができます。

        Top3 張家界

         張家界は世界遺産に認定された観光スポットです。一度訪れたら必ずと言ってよいほど絶景を賞賛しています。

         張家界は主に山岳地帯でハイキングや登山が中心です。景区内にはエレベーター、ロープウェイ、観光車などがありますがある程度の体力が必要です。そのため7歳以上のお子様連れにおすすめです。

         張家界ホテルの施設やサービスは大都市に比べるとあまり良くありません。4つ星以上のホテルを選んだほうがよいでしょう。ファミリールーム付きのホテルは少なく4つ星以下のホテルの中には使い捨ての歯ブラシやその他のバスアメニティが提供されないところもあります。

        桂林

        おすすめの子連れツアー

        山水画の桂林と陽朔ツアー3日間
        • リラックスした旅
        • 観覧船で世界遺産を満喫
        • カルストの洞穴を探険
        詳細
        張家界ハイライトツアー 3日間
        • 映画アバターの撮影地
        • プライベートツアー
        • ガラス桟道体験
        詳細
        秘境の九寨溝黄龍ツアー 3日間
        • 自分のペースで行動
        • いつでも参加可能
        • 世界の絶景・大自然に出会う
        詳細

        子連れ旅行の食事

         中国の食事は地域によってかなり異なります。また日本の味に比べ、かなり異なるところもあります。広西チワン族自治区の桂林、湖南省の張家界、四川省の成都などの南部地域では辛い料理が多いため特にお子様の口に合うかどうか注文の際、必ず唐辛子が入っているかを確認されたほうがよいでしょう。通常、レストランでは子供用テーブルの用意はありますが食器はご自身で持参されたほうがよいでしょう。

        子連れ旅行の注意点

        • 子ども用食器、日用品をご持参ください。
        • 乗り物酔いの場合は、乗り物酔いの薬を持参できます。
        • ご出発前に目的地の天気をご了解ください。子供の服をご用意ください。
        お客様のご要望にあわせて、
        安心・安全な旅行プランを無料でご提案します。