黄山現地ツアー

 黄山は特徴ある風景の地として中国で最も訪れたい観光地のひとつです。ユネスコ世界遺産に認定され、年間を通して多くの観光客がここを訪れます。

 日帰りでトレッキングもできますがせっかくならば日の出と日の入りを見逃してはなりません。山と山との間の距離が広く、山頂から眺める景色は格別です。日帰りの場合、西の階段から登り、東の階段で降りるといったコースで最短でも10時間かかります。そのためケーブルカーに乗るといった手段もあります。ケーブルカーはシーズンによって運行時間が異なります。日の出の時間によるため冬は3~4時には営業を終了します。ケーブルカーの料金は黄山の入場料とは別になり、往復で80元です(ご参考)。黄山の入場料はハイシーズンでは200元以上になることもあります。夏は比較的安めです。

お勧めの黄山ツアー

 最もおススメなのはグループ旅行です。初日に山へ登り、山頂で宿泊。翌日に日の出を見てから下山といったパターンです。もしまだ時間的に余裕があるならば3日目にはさらに西の方へ行くこともできます。以下はお勧めコースです。ご旅行を計画される際の参考になさってはいかかでしょう。

  • 1日目:東側の道あるいは云谷ケーブルカーに乗って登り、山頂や北側まで散策し山頂で宿泊する。
  • 2日目:梦幻景区を見学し、山頂で宿泊する。
  • 3日目:日の出を見てから東側の道あるいは云谷ケーブルカーに乗って「汤口」まで下山する。徽州の町を散策する
中国黄山

上海発絶景美の黄山ツアー 2泊3日間

黄山. 屯西老街.宏村

 新幹線/飛行機で上海発黄山に行きます。昔から名高い世界遺産中国黄山で日の出.雲海を鑑賞します。映画撮影のメッカ「宏村」を散策します!

黄山ツアー

世界文化遺産の黄山に触れるツアー
2泊3日間

黄山. 屯西老街.徽墨場.宏村

 水墨画の世界に親しみましょう!世界遺産の黄山と安徽省の特色な建築を訪問します!天下の黄山絶景へ3日間の自然と人文の旅!

頂上泊、世界複合遺産黄山ツアー
2泊3日間

黄山. 屯西老街.徽墨場.宏村

 「黄山を訪れてから他の山を見たくない」という話があり、奇岩・奇峰連なる水墨画の黄山風景を訪れます!世界遺産の街・安徽古民居を巡ります!

1泊2日間コース

  • 1日目:東側の道あるいは云谷ケーブルカーに乗って登り、山頂や北側まで散策し山頂で宿泊する。
  • 2日目:日の出を見てから東側の道あるいは云谷ケーブルカーに乗って「汤口」まで下山する。

3泊4日間コース

  • 1日目:東側の道あるいは云谷ケーブルカーに乗って登り、山頂や北側まで散策し山頂で宿泊する。
  • 2日目:梦幻景区を見学し、山頂で宿泊する。
  • 3日目:日の出を見てから東側の道あるいは云谷ケーブルカーに乗って「汤口」まで下山する。西递や宏村を散策し、宏村ないしは西递に宿泊する。
  • 4日目:呈坎と歙县を散策する。

特別な黄山ツアー

世界自然遺産「黄山」と「三清山」4泊5日間

 千年の歴史を持つ陶磁器の都景徳鎮を訪れ!歴代の景徳鎮の磁器、書画作品、景徳鎮の陶磁器に関する歴史文献資料を数万件も収蔵している景徳鎮陶磁器歴史博物館を案内します!「桃源郷」の婺源を巡ります!世界遺産の黄山雲海.日の出を満喫、ご来光観賞のチャンス!

黄山から徽州の古村群へ

 黄山を降りた後は徽州へ行ってみましょう。ここには歴史あるとても独特な建築物がたくさん残っています。そして世界文化遺産にも認定されています。

 村はいくつもあるので時間の都合で行くところを選んだほうがよいでしょう。西递と宏村は黄山からも近く、黄山と汤口の二か所からバスで行くことができます。映画「グリーンディスティニー」の撮影にも使われた竹林があります。 また他の有名な古村群として黄山の北には呈坎、遠く東には歙县があります。

黄山ハイキング

黄山は奇松、怪石、雲海、温泉をもって名が広く世界に知られ、世界の自然と文化遺産に登録されています。ケーブルカーより足で黄山と触れ合うのはいい体験でしょうか?

大峡谷(黄山)

  • 距離:45キロ 
  • 所要時間:3日 
  • 観光スポット:飛来石、排雲亭、丹霞峰、松林峰、九竜峰、雲外峰

大峡谷には白雲溪があるので、「白雲谷」とも呼ばれます。近くの石柱峰、石床峰、右側の薄刀峰、飛来石、向こうの排雲亭、丹霞峰、松林峰、左側の九竜峰、雲外峰などで構成された空間です。釣橋庵から排雲亭まで、総延長約15キロで、黄山の著名な大峡谷の一つです。

 西海大峡谷は黄山景勝区ではまだ開発されていない所です。黄山の雄壮さと立派さを集め、その変化が想像つかないという大峡谷です。谷内絶壁が険しく、奇石が重なり合い、山洞が奥深く、石林が密集し、水が透き通っていて、植物が茂っています。その谷は神秘と奇怪がその谷の特徴なのです。

日程

黄山の山頂
  • D1:黄山景勝区に行き、昼に慈光阁に着き、入区の料金を支払い後山に登ります。夕方は石笋缸で落日を観賞し、西海で泊まります。
  • D2:朝は光明頂に行き、日の出を観賞し、後に排雲亭に行き、西海大峡谷に入り始めます。大峡谷を通り抜けて歩仙橋まで歩き、天海に着いたらホテルで宿泊します。
  • D3:観日亭で日の出を観賞し、始信峰を遊覧して「猿が雲海を見下ろす」という石像を楽しみ、白鹅嶺に着いてから山を下り、後山の駅で自動車に乗って帰ります。

黄山旅行の必備品

身分証明書など証明書類、使い捨てのレインコート(山が高くて風が強いので傘が不適)、地図、手袋、懐中電灯、携帯電話、カメラ、ステッキ、別に服一枚(黄山は昼夜の温度差が大きいです)、日焼け止めクリーム、帽子、飲み水2-3瓶、チョコレートなど体にエネルーギを提供できる食べ物。

歙県と石潭村

  • 距離:20キロ 
  • 所要時間:2日 
  • 観光スポット:歙県、石潭村、新安江
 歙県

黄山の麓にある国家級の歴史文化村——歙県は、古称「徽州」で、隋朝から1300年間は郡州都とされました。特に宋朝以後徽州商人の発展で文化が繁栄しました。「文房四宝」中で徽墨と歙硯が歙県から生み出され、また徽州料理、徽劇、徽派版画、徽派篆刻、徽派盆景……「徽州学」はもう「敦煌学」、「チベット学」と並べて「三大地方学」の一つに数えられています。

石潭村は安徽皖南歙県霞坑鎮の山間の窪地に位置し、中に向かって行ければ行くほど風景が美しくなり、野外の趣もあります。ここは山々が起伏し、流れが蛇行していて、十個余りの村落が谷、山腹に散らばっていて、丘のふもとと流れのそばにあります。明清古民家があるだけでなく、皖南特有の山村風景もあり、近年皖南の撮影創作基地になっています。

は最も美しい季節で、每年は数多くの写真愛好家がここで撮影をします。地元の人が坂で油菜を植え、花が咲く時山々では金色の光が輝いていて、特に日の出と夕焼けの時、雲雾、花海、山荘など天国のようです。

はまた別の風景が現れ、山々には菊の花が咲き乱れ、ここは徽州「貢菊」の産地なのです。ここの民家はほとんど明清の様式で、人が住んでいて、無傷に保存され、煉瓦彫り、木刻が細かく、典型的な皖南民家の特色に残っています。

 練江、乾江が合流してできたのが「新安江」と呼ばれ、総延長百里で、「山水画廊」と呼ばれています。浙江の新安江には著名な千島湖があり、その上流に安徽歙県があります。ここでは黒い瓦と白い壁の古民家が竹林の中に隠れ、樟潭の千年古樟樹、郷棉潭の枇杷園、街口鎮の橘園……その他、江上で船が散らばって、カワウが漁夫の手振りに従って水中を出入りしています。美しい風景を楽しむには、江に沿って徒歩するのが絶好な方法です。

日程

  • D1:歙県汽車駅着、午前中は県城を散歩し、許国牌坊、闘山街、太白楼などが観光できます。昼は本場の徽州料理を味わいましょう。午後は自動車に乗って霞坑鎮古潭村に行き(約2時間)、道中数多くの江南風景があります。休憩後、周りの山頂に登り、夕方江南の落日、新安江支流見下ろします。
  • D2:日の出を観賞した後山を下り、12時前歙県汽車駅に着いて汽車で帰ります。

黄山への行き方

 高速鉄道の発達により気軽に黄山へ行くことができるようになり、有名な観光地になりました。

  • 上海から:8:27発G1509に乗車し約5時間
  • 北京から:始発は8時で15:30発車まで。所要時間は約7時間。途中、天津を通過。
  • 広州:9:12発G636に乗車し約7時間。
  • 厦門:始発は7時で15時発車まで。最も早くても約4時間。
  • 合肥:朝から晩まで電車があります。所要時間は1時間半。

 その他の都市からもKで始まる列車や各駅停車があります。そのほかにも長距離バス、VIPバスなどが蘇州や杭州、武漢、寧波からあります。

 陸路の他、黄山へは空路も利用できます。黄山屯溪国際空港は黄山市(実際には屯溪と呼ばれています)の近くにあります。雨天の場合でも成都や重慶、深圳といった国内の主要都市からの便も運航しています。

 黄山は安徽省の西部に属しています。上海からおよそ400キロ、南京から360キロ、そして杭州からは250キロ離れています。中国の交通道路網は広く発達しているため、車でもとても便利です。中国の美しい自然風景のひとつは、ここ安徽省と隣の江蘇省をまたぐ旅で見ることができます。

 長距離の旅の出発点である黄山の町からバスに乗り公園に隣接する、黄山のふもとの汤口という所へ向かいます。もし山登りをされるのであればここがスタート地点です。ケーブルカーに乗る場合、駅や空港、汤口の町から直接ケーブルカーの乗り場へ向かうバスもあります。これらのバスは20元もかかりません。空港や駅からであればタクシーや三輪自動車もありますがケーブルカーの乗り場まで行けるのは既定のバスのみです。

guide map for huangshan
お問い合わせ 24時間以内にご返信致します。

<元sw pyqa="aquestion" class="ieph pyqa" name="additionalrequirements" id="Aquestion">

黄山旅行について