中国旅行専門店-AraChina(Since 1959)

バインブルグ湿地


バインブルグ湿地は、中国新疆の和静県の北西よりに位置し、天山の南麓にある。総面積が約2.3万平方メートルであり(四国より広い)、海抜が2000-2500メートルである。バインブルグ湿地は、中国でオルドス草原に次ぐ大草原と言える。ここは雪山に囲まれ、地形が変化に富んでいる。水草が美しく、風光明媚で人を誘う。有名な「ハクチョウの湖」――中国唯一の白鳥の自然保護区はここにある。
バインブルグというのはモンゴル語で「豊饒な泉の水」という意味である。この湿地は「中国国家地理」という番組で「中国の一番美しい六大湿地」のナンバー2と評価された。            
広く果てしない青い草原は、到る所で良質の「ソサン草」が植えられ、新疆の放牧地の一つである。焉耆马バインブルグ大尾羊、新疆細毛羊、高原戦車と称される牦牛は、草原の四つの宝と呼ばれている。盛夏になると、草原の至る所で、花が咲き乱れている。雪蓮花(せつれんか)のようなパオが点在している。羊は、フワフワした雲のように群れ遊び、のどかな草原の風景は、人々を陶酔させる。草原に、神秘的な美しい白鳥の湖がある。毎年3、4月になると、大小の白鳥と「疣の鼻」白鳥をはじめ、一万羽の珍しい鳥が飛来して、ここで繁殖し、半年後の10、11月になると、また南へ移動する。ここは泉が多く、川が交差し、水草が繁栄し、気候が爽やかで、水鳥の楽園である。

バインブルグ湿地 バインブルグ湿地