中国旅行専門店-AraChina(Since 1959)

彭湖の列島


彭湖の列島

彭湖の列島概况
台湾の彭湖の列島は、台湾海峡の南に位置し、64の島々から形成され、面積は約126キロ平方メートルです。区域内は島々が並び、港湾が交差し、地形が険要で、中国・東シナ海と南シナ海の自然の境界線です。昔から多くの軍事家たちが、その地を争い、大陸文化と台湾の踏み板でもあります。彭湖の島々は、南、北2つに分けることができます。南の群は、八罩(地名)水路の以南に分布し、望安島(八罩島)、七美嶼、花嶼、猫嶼(全部が地名です)などがあります。北の群は、八罩(地名)水路の以北に分布し、面積最大の彭湖島と漁夫島(西嶼)、白沙島、吉貝嶼、鳥嶼などが含まれます。
人文と自然景観が互いに照り映えていることは、彭湖の列島の最大の特色です。彭湖の列島は、台湾海峡の青い波の中に、まるで大小の真珠、玉を散りばめたようです。この島は「中国国家地理」の「選美中国」という番組で「中国の最も美しい十大海島」の第四位に評価されています。ここは、美しい島の風景があり、澄みきった海水、真っ白い砂浜、海辺を歩きながら小波と戯れ、ポッカリと浮かぶ白い雲、紺碧の海と真っ青な空は、1つになっています。自然の織り成す美しさは、見る者を飽きさせません。

見所のスポット
彭湖の列島は、風光明媚です。有名な「風柜の涛声」、「クジラの洞」、「望安の玄武岩」、「虎井沈城」、「将軍嶼帆船石」、「花嶼仙人の足跡」、「桶盘屿石柱」などの名所があります。
「彭湖漁火」は、清の時代の台湾の八景の一つです。また、澎湖天后宮や西嶼の砲台や西嶼東谷は皆、台湾省の1級の古跡です。ほかに、観音亭、順承門、孔子廟、施公祠、七美人の塚、及び澎湖の海を跨ぐ大橋、海水浴場、成功ダム、西嶼の灯台、果葉日出、通梁古榕などがあります。

最高の旅行シーズン
澎湖の列島への観光は、4月から9月までがシーズンであり、特に7月と8月が見頃です。雄大な海や、大きな波を見ることが出来、マリンスポーツを楽しみ、海の幸を味わうことは、多くの観光客の楽しみになっています。