中国旅行専門店-AraChina(Since 1959)

中国博物館

お名前:
メール :

蘇州園林博物館

蘇州園林博物館1992年秋に建設され、2007年12月4日に新装オープンした、中国の初めての庭園をテーマにする博物館である。建築面積は2,000平方メートル余りであり、蘇州の有名な庭園拙政園の近くに位置している。「園原」、「園史」、「園趣」、「園冶」という四つの展示ホールに分かれており、数十軒の古典的な庭園のきれいな景色を見ることができ、蘇州庭園の2000年余りの歴史を物語っている。「園原」ホールには白居易、蘇舜欽などの有名人の肖像と略歴、歴代の地方の文献と専門書の中で蘇州の風物にかかわる記録などを展示している。「園史」ホールは中国庭園の3000年余りの歴史を紹介している。「園趣」ホールは「呉中佳構」、「江南名園」、「郷鎮風情」、「小巷亭林」、「清韵遠播」という五つの部分に分けられている。「園冶」ホールは造園要素(築山作り、水、建築、花木)と造園芸術(モチーフ、構成、技法、境地)に分けられている。この博物館は、文化財の展示より、むしろ蘇州に広がる庭園群がどのようにして建設されたか、造園したときの道具、さらに建物の構造など、蘇州の庭園に対しての知識を広く知ることができる。 
主な展示物
庭園、庭園の模型、造園工具、陳列家具など

住所
蘇州市平江区東北街(拙政園に隣接している)

交通
公共バスで、游1、游2、游5線、202路(原2路)、313路(原3路)、923路(原23路)、529路(原29路)、40路、78路に乗り、拙政園のバス停で下車