中国旅行専門店-AraChina(Since 1959)

中国博物館

お名前:
メール :

開封市博物館

開封市博物館開封市博物館の前身は河南省博物館であり、1962年3月に設立され、前身の河南省博物館は省館が鄭に移った後にこの三勝街に設立された。新館は河南省開封市包公湖坑中路にあり、1988年9月に拡大され開館した、中国の地方の社会歴史と芸術博物館である。全館敷地面積は1.6万平方メートル、展示面積は5,000平方メートル余りある。本館は7,000平方メートル余りあり、「山」という漢字のような形をしており、古建築を模してつくられている。建物全体は壮大で、重厚感がある。博物館は「宋代石刻芸術」、「宋代史」、「古代と近代史」、「開封市の革命歴史」、「明と清時代の工芸品」、「館蔵文物」、「古代開封のユダヤ人」の七つのテーマを常設展示している。現在5万点の所蔵品が収蔵されており、陶器、磁器、銅器、書画、彫刻、石刻、貨幣、玉器、漆器、服飾及び雑項品など18種類がある。そのうち「国宝」級文物が数点、一級文物はが数十点、二級文物は千点余り、石刻の「開封府題名記碑」と「開封ユダヤ人記念碑」など世界でわずか一点の物が展示されているだけでなく、国内で唯一の物も展示されている。 
主な展示物
陶器、磁器、銅器、書画、彫刻、石刻、貨幣、玉器、漆器、服飾

住所
河南省開封市包公湖坑中路12号

交通
バス1番線、4番線、7番線、9番線、16番線、19番線、20番線、23番線、35番線に乗り、「博物館」バス停で下車