中国旅行専門店-AraChina(Since 1959)

中国博物館

お名前:
メール :

河南博物院

河南博物院河南博物院は鄭州市農業路中端にあり、中国の初期に設立された陝西歴史博物館、上海博物館に次ぐ省級の歴史人文博物館である。1927年に同時の河南政府主席の愛国将軍馮玉祥の提案でつくられ、もともとは開封市にあったが、 1961年に鄭州市市に移転された。博物院の敷地面積は10万平方メートル余りであり、1998年に新館が落成し、建築面積は7万8000平方メートルである。改装工事を終えて新しくなった河南博物院は規模と内容で中国国内でも最高クラスである。本館は雄大でユニークなデザインをしており四つの隅には八つの付属建物が配置されており、これは「九鼎が中原を定める」という意味が込められている。館内には13万点余の文物が収蔵されており、そのうち動物の骨で作られた世界最古の笛――骨笛を代表とする1級、2級の文物が5,000件余もある。「河南古代文化の光り」、「中原地帯の豊かさを物語る」、「河南古代石刻芸術」、「河南古代玉器」、「河南古代建築明器」(明器は建物の模型である)、「楚国の青銅器」、「明清時代の工芸珍品」、「恐竜の世界」などをテーマとする常設展があり、3,000余点の文物が展示されている。 
主な展示物
史前の文物、商・周の青銅器、歴代の陶磁器、玉器、石刻

住所
中国河南省鄭州農業路8号

交通
バス2番線、32番線、59番線に乗り、「経七路」バス停で下車