中国旅行専門店-AraChina(Since 1959)

中国博物館

お名前:
メール :

広西民族博物館

広西民族博物館広西民族博物館は広西の3番目の自治区級博物館であり、広西の中では最大の面積と設備が整った民族文化をテーマとする博物館である。博物館は南寧市青秀山風景区に位置し、美しいヨウ川の傍にある。敷地面積は130ムー(約87,000平方メートル)、総建築面積は約3 0,000平方メートル、また、屋外には約60ムー(約40,000平方メートル)の公園があり、そこには広西の伝統民家を再現した建物が建っている。博物館は「五彩八桂(広西民族について)――広西民族文化展示」、「時を越えた太鼓の音――銅鼓文化展」、「八桂の宝(広西の宝)――広西十四都市の博物館収蔵精粋展」、「ASEAN諸国の文化展」の 4つをテーマとした展示が行われている。観覧中に、中国「銅鼓の王」と呼ばれる広西民間宝物―前漢時代北流型の銅鼓、広西十二民族の多彩な民族風情、民族祝日、民族服飾、そして民族文化建築などを見ることができ、またじかに広西各民族の貴重な歴史文物の青銅器、陶器、磁器、玉器、ガラス器、漆など製品を感じることができる。 
主な展示物
広西民族博物館は広西の3番目の自治区級博物館であり、広西の中では最大の面積と設備が整った民族文化をテーマとする博物館である。博物館は南寧市青秀山風景区に位置し、美しいヨウ川の傍にある。敷地面積は130ムー(約87,000平方メートル)、総建築面積は約3 0,000平方メートル、また、屋外には約60ムー(約40,000平方メートル)の公園があり、そこには広西の伝統民家を再現した建物が建っている。博物館は「五彩八桂(広西民族について)――広西民族文化展示」、「時を越えた太鼓の音――銅鼓文化展」、「八桂の宝(広西の宝)――広西十四都市の博物館収蔵精粋展」、「ASEAN諸国の文化展」の 4つをテーマとした展示が行われている。観覧中に、中国「銅鼓の王」と呼ばれる広西民間宝物―前漢時代北流型の銅鼓、広西十二民族の多彩な民族風情、民族祝日、民族服飾、そして民族文化建築などを見ることができ、またじかに広西各民族の貴重な歴史文物の青銅器、陶器、磁器、玉器、ガラス器、漆など製品を感じることができる。

住所
广西壮族自治区南寧市青環路11号

交通
バス10番線、33番線に乗り、青秀山風景区で下車、専線バスに乗り換えて博物館で下車