チベット旅行-AraChina(Since 1959)

青海・チベット鉄道(青蔵鉄路)

青蔵鉄路世界で海抜最高、距離最長の鉄道――青蔵鉄路(青蔵鉄路)が2005年10月15日全線開通した。青蔵鉄路は青海の省都-西寧からラサまで 1,956kmで、全線完成祝賀会が、10月15日ラサで盛大に行われた。2006年3月から貨物輸送で試運転が始まり7月から客車運行の全線試運転が始まった。
  既に青海・チベット鉄道へのスタートは、青海省の西寧からツァイダム盆地の 格爾木(ゴルムド)へと80年代初頭に鉄道が通じていた。チベットのラサまでの駅の数は大小34といわれているが、主要な駅は格爾木の次は崑崙山口(クンルン シャンコウ)―不凍泉(ブドンチゥエン)―五道梁(ウーダオリァン)―沱沱河沿(トト ホユァン)―唐古拉山口(タングラシャンコウ)―安多(アムド)―那曲(ナクチュ、ナ ーチュー)―当雄(ダムション)―羊八井(ヤンパージン)―拉薩(ラサ)の各駅であ る。ゴルムド~ラサ間の全長は1,142km。
  この区間は崑崙山脈の東部にあたり、崑崙峠の連なりに玉珠峰(6178m)がそびえ、崑崙山口駅をすぎてから西方、つまりラサへ向かって進行方向右手には、 野生動物のパラダイスと呼ばれる可可西里(ココシリ)自然保護区がある。チベットカモシカ、チベット野ロバ、蒙古ガゼル(羊)などの貴重動物の生活区域である。また進行方向左手のはるか東方は黄河の源流地帯である。
風火山トンネルはココシリ自然保護区に近い五道梁~秀水河をすぎてのトンネルで全長1,386m。海抜4,905mで世界最高所にある凍土トンネルである。清水河特大橋は海拔4768mの崑崙山口、五道梁に接する、全長11703.62m。  
  不凍泉―五道梁―沱沱河沿―唐古拉山口までは長江の源流地帯で、通天河 の最上流は長江の源頭であるグラタンドン峰がそびえる。
海拔5068mの唐古拉山口駅は世界で一番高いところにある駅です。