チベット旅行-AraChina(Since 1959)

チベットの風俗・習慣

 

服飾写真→

チベット族の服飾は多彩で華麗であり、チベット高原に居住する農民と牧畜民の生活と文化が生んだ独自文化の一つである。。チベット族の服飾
チベット族が多く居住するチベット高原は、平均海抜4千メートル前後にあるため、気温の差が大きく、太陽光線、紫外線も強いため、彼らはフェルトや毛皮製の帽子をかぶり直射日光を避けている。
チベット族の衣装は、地域によってやや違いがあるものの、基本的には、中に長袖の短いシャツを着て、その上に唐代のデザインを基本とした両襟が対称の蔵袍を着て、腰のやや上で帯を締め、柔らかい長靴を履いている。
チベット族の衣装で最も特色があるのは長袍で、蔵袍はずんどう形で、男性のはゆったりとして大きく袖が付いている。
女性のはやや細く、袖あり、袖なしの両方ある。
袖の長さはとても長く、膝下まで届くほどである。
袖ありの蔵袍を着る時は帯をしめ、右腕を外に出し、懐中の空間に「ツァンパ」(ハダカ麦で作った主食)やバターを入れた碗、はては子供まで中に入れる。
働く時は,両腕を出し、両袖を腰に巻く。
休む時は、全身を長袍で包み込むようにして休む。
長い袖は枕代わりとなり、まるで寝袋のようだ。
こうして自由に脱いだり、重ねたりできる多目的な衣装は、高地の遊牧民にとって実用的なのである。

チベット族の料理料理写真→

チベット族の主食はツァンパと呼ばれ、ハダカ麦の粒を炒って粉にしたものに水や茶を加えて手で練って作られる。
また、チベット族は竹筒に食塩とバターを加えてよく振って作ったバター茶を飲む習慣がある。
青蔵高原では野菜が非常に少ないため、茶葉はビタミン源としても必需品となっている。
その他のチベットの独自の食べ物は、トゥクパ(ウドン)、モモ(肉饅頭)、ヤク肉、ヤクチーズなどがある。
お酒はハダカ麦で作られたチャンがある。

民家写真→

チベットの民家の歴史は非常に古く、4000年前の遺跡から建物跡が発見されている。チベットの民家
チベットの伝統的な民家は、独特な個性を持っており、チベット南部の窪地のトーチカ風家屋、チベット北部の牧畜が営まれている地区のテント、ヤルツァンボ川流域の営林区の木造建物、アリ高原の横穴式住居など多種多様である。
中でも、最も代表的なものは、石と木で建てられた二階建てのトーチカ風家屋である。
外観は堅固で、風格は素朴で、壁は上部に行くにしたがって狭くなっている。
一階は家畜小屋と貯蔵室で、二階は居住エリアで、居間、寝室、炊事場、貯蔵室などがある。 構造的には、風を遮り、寒さを防ぐことができるようになっている。

祭りの写真→

チベット族の祭りは数多く、チベット暦で行われている。長い歴史を持つチベット仏教の影響を受け、宗教的色彩が色濃いチベット族の祭り
祭りの時は、大草原や静かな寺院にも華やかな衣装を身に付けた男女が集い、踊り、歌い、酒を飲み、馬や弓を競う。
蔵暦の1月1日はチベット族の新年で、昔は1日はラマの正月、2日は王の正月、それぞれが仏を供養し、自らも初供養をうける日であった。
そのほか、仏の奇跡を記念し1409年にゲルク派の祖始ツォンカパが大昭寺ではじめた祭である「モンラム大祭」、チベットの土地神が仏教に帰依し、護法神となったことを祝う仮面劇の祭り「閻浮堤香煙祭」、チベット仏教最大の祭典「ショトゥン祭」では、僧侶によって運ばれたタンカが掲げられ、全土で歌劇が演じられる。 

マニ車・タルチョ・タンカの写真→

マニ車
マニ車は、一枚の銀の板を裏から打ちだして作られた円柱形の仏具で、内部にデヴァーナガリ文字で書かれたロール状の経文が入れられている。
一回まわすと、経文を一度読んだことになり、文字が読めない人々も、これをまわすことによってお経を読むのと同じ功徳が得られるとされている。
時計回りに回して周る。

タルチョ
タンカは、チベット文化圏で作られる布に描かれた細密仏画である。
布地に描かれるほか、刺繍やアップリケの作品もある。
タンカは、インドからチベットに伝えられたもので、寺院では僧侶達の瞑想や礼拝のために使用される。
一般人には、親族の法要時、自宅での日常の礼拝?厄払いに使用される。
タンカは、チベット文化圏で作られる布に描かれた細密仏画である。 布地に描かれるほか、刺繍やアップリケの作品もある。 タンカは、インドからチベットに伝えられたもので、寺院では僧侶達の瞑想や礼拝のために使用される。 一般人には、親族の法要時、自宅での日常の礼拝?厄払いに使用される。 。

タンカ
タンカは、チベット文化圏で作られる布に描かれた細密仏画である。
布地に描かれるほか、刺繍やアップリケの作品もある。
タンカは、インドからチベットに伝えられたもので、寺院では僧侶達の瞑想や礼拝のために使用される。
一般人には、親族の法要時、自宅での日常の礼拝.厄払いに使用される。