チベット旅行-AraChina(Since 1959)

山南の見所案内

雍布拉康

雍布拉康は、山南地区乃東県の東南約5キロ、扎西次日的という名の山の上にある。
全体的な建築様式は、トーチカに似ており、山頂に高く聳え、とても目立つ。
チベット語で「雍布」は「母鹿」、「拉康」は「神殿」の意味がある。
雍布拉康は、トルファン第一任の聶赤賛普が居住した宮殿で、すでに2000年余りの歴史を持つチベット最古の宮殿で現存のものは、1982年に再建されている。
宮殿内には、松賛干布、文成公主等の塑像がある。
初め、雍布拉康は小さな宮殿だったが、ダライラマ5世の時に、拡張を経て、仏教寺院となったため、現在も僧房などが残っている。
雍布拉康(ユムブラカン)1 雍布拉康(ユムブラカン)2
雍布拉康(ユムブラカン)3 雍布拉康(ユムブラカン)4