チベット旅行-AraChina(Since 1959)

山南の見所案内

昌珠寺(タントゥク寺)

昌珠寺は、山南地区雅[龍/石]川東岸の貢布日山の南麓にある、ソンツェン?ガムポ王によって創建されたチベット最古の寺院で、晩期には格魯派に所属していた。
寺院は吐蕃松賛干布時代に創建され、[巾白]竹政権の時期に大規模な拡張が進められ現在の規模になった。
本尊は、無数の小さな真珠で作られた仏陀のタンカ(仏画)であり、寺院内には、観音菩薩像などの文物が残っている。
昌珠寺(タントゥク寺)1 昌珠寺(タントゥク寺)2