チベット旅行-AraChina(Since 1959)

夏魯寺(シャル寺)

シガツェ市の東南30キロの所にあり、1084年に創建された寺。
寺院はチベット族と漢族の特色を持ち合わせており、それぞれ、建築様式は元朝の風格、寺院の壁と庭はチベット伝統の風格をもっている。
この寺にはかつて2つの宝があったといわれ、一つは、檀香木でできた経板、もう一つは、聖水を入れる壷である。
この壷に水を入れると数年経っても減らず、味も変わらなかったという。
夏魯寺には精巧で美しい壁画が多く残っている。
夏魯寺(シャル寺)1 夏寺(シャル寺)2