チベット旅行-AraChina(Since 1959)

薩迦寺(サキャ寺)

薩迦寺はシガツェ地区の薩迦県に位置する、チベット仏教薩迦派の寺院で、「第二の敦煌」褒め称えられている。
チベット仏教薩迦派の創始者が創建して、すでに900年余りの歴史がある。
当時の薩迦王朝は、かつて全チベットを70年余り統治したことがある。
境内には、大量の文物が保存されており、中でも薩迦法王八思巴が当時、チベット中の書家を集めてうつさせた大量のサンスクリット語の貝葉経(経文)や、手書きの精巧な壁画が有名である。
敦煌と違うのは、敦煌は現在では歴史的遺跡となっているが、薩迦寺は現在までその命が受け継がれているということである。
薩迦寺(サキャ寺)