チベット旅行-AraChina(Since 1959)

林芝

霊芝林芝は、チベットの江南といわれ、世界で最も深い峡谷―ヤルツアンポ川大峡谷で世界にしられている。
林芝に足を踏み入れた人は世界でわずかで、今まで旅行、考察、探検の聖地となっており、同時にこのことが交通を不便にしているともいえる。
林芝はチベット東南部のヤルツアンポ川下流にひっそりと隠れている。
平均海抜は3000メートル前後で、区都の八一鎮は尼洋河畔に位置し、この地区の政治、経済の中心地となっている。
主要な観光エリアは、尼洋河谷経済区、[巾白]隆蔵布江景区がある。
林芝は、少数民族のメンバ族、ロッバ族などの居住地ともなっており、古来の伝統文化とチベット仏教とボン教が盛んに信仰されている。
また、南迦巴瓦峰、ヤルツアンポ大峡谷、巴松錯、察隅、波密などの自然景観も魅力である。