チベット旅行-AraChina(Since 1959)

ノルブリンカ

市の中心部から西へ3キロほどの郊外に広がる総面積36万平方メートルの公園、ラサの頤和園とも呼ばれる。チベット語のノルブ(宝石)とリンカ(苑)から「宝石の園」という意味がある。
 18世紀にダライ・ラマ7世により造園され、のちに歴代のダライ・ラマが避暑に使った夏宮となった。園内には幸運宮、全能見宮、池の中に建つ湖心宮、ダライ・ラマ14世の住居であったタクタンポタンなどがある。タクタンポタンは1954年に建てられた「永久不変の宮殿」と呼ばれる瀟洒な2階建ての建物。内部には謁見室、書斎、仏間、バスルームなどがある。
 現在ではノルブリンカは、ラサ市民の憩いの場となっている。

ノルブリンカ2ノルブリンカ1