チベット旅行-AraChina(Since 1959)

昌都の見所案内

強巴林寺(チャムパリン・ゴンパ)

強巴林寺は、昌都の旧市街区にある連馬拉山の上にある黄教の創始者の宗喀巴(ツォンカパ)の弟子、喜饒桑布(チャンセム・シェーラブ・サンポ)が1444年に創建した、昌都地区最大のチベット仏教格魯派の寺院である。
多くの僧院のほか、五つの経学院も併せ持つ大寺院であったが、ほとんどが破壊されてしまった。
境内のラマ僧はとても友好的で、いつも観光客と写真を撮ったり、話をしたりしている。
強巴林寺(チャムパリン・ゴンパ)1 強巴林寺(チャムパリン・ゴンパ)2