shopping

中国石窟旅行・観光

石窟とは、本来インドの仏教建築スタイルの一つでした。仏教は世を忍ぶことを呼びかけることから、僧侶たちは高くて険しい山の奥で石窟を切り開き始め、修行する場所として使っていました。インド石窟の構成といえば、四角いホールを中心にし、まわりに柱を立てそれを包み、三面に四角い「修行用」禅室を切り開くのが一般的なものです。

中国の石窟は、多くは北部の黄河沿いに位置し、また、最初はインド石窟の作り方に従い切り開かれたものが殆どです。石窟芸術は宗教文化の一つで、仏教物語から参考にしたものが多く、魏晋の時代から始まり、隋唐時代に盛んになりました。とくに唐の時代に大型石窟がたくさん作られましたが、それ以降は少しずつ減少する傾向になりました。

中国絵画及び彫刻の伝統的な作法とセンスは、インドのケンダラ芸術の精華が織り込まれました。仏教思想と中国化にまで歩んできた過程を表すだけでなく、中国社会歴史、仏教歴史、芸術歴史と中外文化交流歴史が反映される貴重な資料でもあります。中国は、世界で現存する仏教石窟の一番多い国であり、また広く分布されている上、最も長い時間を経てきた仏教芸術でもあります。中でも大同雲岡石窟、洛陽龍門石窟、敦煌莫高窟、天水麦積山石窟、重慶大足石窟などが有名です。

十大石窟

お勧めのツアー

Copyright © 1998. All Rights Reserved to AraChina