中国の休日の告知と注意

春節〔Chun1 Jie2〕(旧暦1月1日ー1月7日 1週間の連休)
旧暦の新年を祝う春節は、日本の正月と同様、中国最大の行事である。
旧暦の新年は毎年異なるが、だいたい毎年、1月の後半から2月の前半にかけての間にあることが多い。
春節期間は、企業や商店などは3日から1週間くらい休みになる。
地方に出稼ぎに出ている人も、この時期には、故郷に帰り、家族団欒を楽しむ。
この時期の列車は、帰郷する人々で混雑するのはもちろん、春節料金が設定され通常より割高になるので、列車利用の旅行はやや不便である。

清明節Qing1Ming2Jie3)〔4月4日ー4月6日 三日間連休
清明節は毎年、4月5日前後である。この日は、人々が墓に参って先祖を祭り、野山に出かけて春の遊びをする民間の祭日である。

清明節は農暦(旧暦)の24節気の一つ。春風が吹き、暖かくなると、空気は新鮮で爽やかになり、天地は明るく、清らかになる。このため「清明」と呼ばれる。

労働節〔Lao2 Dong4 Jie2〕(5月1日ー5月3日 三日間連休)

端午節Duan1 Wu3 Jie2 )〔旧暦5月5日 三日間連休)
農暦五月五日は端午節である。「端陽節」、「重午節」とも称されるこの祭日は中国古代の偉大な愛国詩人屈原氏記念から由来する。中国の唐の時代にはすでに「節分端午自誰言、万古伝聞為屈原」という詩句が歌われた。 紀元前340年に生まれた屈原氏は斉の国と携えて秦の国に抗争するという奇策をもって楚の国王に進言したが受け入れられず、讒言に陥られ左遷された。

紀元前278年五月五日、楚の国が秦の国に併合されたことを聞いた屈原氏は汨羅江に身を投じて亡楚に殉死した。当時、屈原氏の殉国を悲しく聞いた人々は舟を競い救いにかけたが失敗し、仕方なく棕の葉で恕]を包んで川に投げ込んで魚を飼い、雄黄の酒を傾けて川に注ぎ悪竜を追いたて、屈原氏の遺体を全うとした。以来、端午節になって、ちまきを食べたり、竜舟を競ったり、雄黄の酒を飲んだり、香り袋を着けたり、よもぎを掛けたりするのが人々の習わしとなってきた。

中秋節〔zhong1 Qiu1 Jie2〕(旧暦8月15日 三日間連休)
旧暦の8月15日(十五夜)に、月を愛で、秋の収穫を祝って地の神様を祀る節句です。この時期の満月は一年で最も円に近く最も美しいとされてきました。

中国では昔から、中秋節には家族そろって円形に食卓を囲み、欠けのない満月のように円い食器で食事をして家族団らんを楽しみます。また、この時期には「月餅(げっぺい)」を親しい人やお世話になった人に贈る習慣があり、中秋節に月餅は欠かせません。

国慶節〔Guo2 Qing4 Jie2〕(10月1日ー10月7日 1週間の連休)
中華人民共和国建国の記念日。
春節の次に盛大な祝日で、1週間ほどの連休となり、中国国内の観光地はどこも込み合う。

旅行は上記の期間に際しては、観光地は混み合い、航空券、列車チケットとホテルの予約も難しく、お早めに準備することをお勧めいたします。その以外、ほかの休日もあります、「中国年中行事」をご参考ください、連休ではありませんから、平日と大体同じで、問題ありません。