峨眉山と楽山大仏

楽山大仏

峨眉山と楽山大仏

  • 遺産種別:複合遺産
  • 遺産所在地:四川省峨眉山市
  • 世界遺産登録日:1996年
    冬の峨眉山冬の峨眉山

    峨眉山

    峨眉山は四大仏教名山の1つです。場所は、四川省中南部、省都の成都からは約160キロ離れた所にあります。

    峨眉山は普賢菩薩で有名な仏教の聖山なので、年中鐘の音や線香の香りに包まれています。 中でも中腹にある「万年寺」は非常に有名で、ここに普賢菩薩が祭られています。その他、現在山中にある主な仏教建築は、「報国寺」など10ヶ所くらいあります。

    峨嵋山の主峰-万仏頂の海抜は3099メートル。国内の観光地になっている名山のうちでも有数の高さを誇ります。山頂のスポット「金頂」から見る日の出、雲海は神々しいほどです。 山頂と麓の気温の差が比較的大きく、山の中では様々な四季を感じることができます。

    このような自然環境のため、植物の種類も多く、3000種類を越える植物が自生しており、世界でも珍しく希少価値が高いものもあります。

    山の中にはかわいい動物たちも生息しており、中でも峨眉山の猿は有名で、観光客に餌をねだる姿が見られます。ここの猿はその凶暴さでも有名なので、むやみに近づかないほうがいいでしょう。石段の登山道以外にも、ロープウェイが整備されているので、観光に便利です。

    また、車が通れる道路もあるので、山の途中まで車で行くこともできます。

    楽山大仏

    楽山市は四川省の西南部に位置しています。この地を有名にしている楽山大仏は、岷江、青衣江、大渡という三つの大きな川が合流する凌雲山の上にあります。

    「仏は一つの山、山は一体の仏」と言われるように、大仏は高さ71メートル、頭の高さ14.7メートル、耳の長さ6.72メートル、鼻の長さ5.33メートル、目の長さ3.3メートル、肩幅の24メートルのビックスケールを誇ります。また、100人以上が大仏を囲んで座ることができます。世界最大の大仏と言われる、アフガニスタンのバーミヤンの大仏より18メートル高い。

    このあたりは昔、洪水が頻発し、民衆を苦しめていました。唐の玄宗皇帝は713年、凌雲寺の僧侶に大仏を作り洪水を止め、民衆に幸福をもたらすため、人力及び物資を広く募らせ、803年より竣工し始めました。大仏作りには90年かけ、費用も莫大なものでした。

    1000年を越えた今でも、河畔に座り続け、民衆を見守っています。

    お勧め峨眉山、楽山人気ツアー

    パンダの四川省満喫、楽山、峨眉山(5泊6日)

    四川省の二大世界遺産、「楽山」と「峨眉山」訪問!

    ※成都市内観光では、定番人気の「武候祠」、「パンダ繁殖基地」のほか、注目の「三星堆博物館」も訪問!
    ※四川名物麻婆豆腐や茶館訪問など、グルメも充実旅!

    料金: 3774元/人より    |

    成都、楽山、峨眉山、都江堰の旅(3泊4日)

    成都での「武侯祠」「杜甫草堂」観光付き、古代の水利施設「都江堰」も観光。

    ※世界遺産3ヶ所-楽山、峨眉山、都江堰を見学!

    料金: 3352元/人より    |

    中国オーダーメイドツアー

    アラチャイナ(AraChina)は中国の各都市、地方までのツアーを提供しております。ツアーの日程(見所観光、ホテルなど)はお客様の希望により調整可能で、お客様だけのオーダーメイドツアーが作成できます。世界遺産ツアー、功夫ツアー、スキーツアーなどのテーマツアーもあり、ご興味により、中国独特な自然風景と文化をお楽しみください。 ツアーにない観光スポットも追加可能です。詳細についてはお問い合わせください。

    お問い合わせ電話:

    0086-773-2885339

    • アラチャイナ担当-張彬張 彬
    • アラチャイナ担当-沈慧香沈慧香
    • アラチャイナ担当-吉智嵐吉智嵐
    • アラチャイナ担当-趙蓬蓮趙蓬蓮