中国旅行 中国航空券

中国航空券

TIPS: 検索-選択-情報記入だけで中国格安航空券が予約できます。手順簡単!!
弊社は格安の中国航空券予約サービスを提供しております。最大6割引!オンライン支払いもでき、お支払い後、すぐEチケット番号が確認できます!また、専門の担当者が手配、返信快速、何かがありましたら、24時間も連絡できます!航空券なら、安心にAraChinaにお任せください。中国国内だけではなく、国際便も手配可能。国際便の場合、ここまでお問い合わせください

航空券のご予約の流れ どのようにすれば格安航空券を予約できるのか? オンラインチェックインの流れ

中国割引航空券

中国航空会社

中国南方航空会社(CZ)と中国東方航空会社(MU)は天合聯盟(Sky Team)の会員で、中国国際航空会社は星空联盟(Star Alliance)の会員です。

海南航空(HU)は中国四大目の航空会社で、中国初のスカイトラックス(Skytrax)に評定される5つ星の航空会社です。それに、海南航空は18年連続の無事故記録を持っています。他の航空会社情報なら、中国航空会社のページまでご覧ください。

各航空会社の概要の以外、航空会社の中国国内線と国際線の機内持ち込み手荷物と受託荷物の情報もご提供いたします。


中国の空港

2012年12月末の時点で中国国内の空港はすでに183(香港、マカオを含む)に達し、2015年までにさらに82ヶ所を増やす予定です。北京首都、上海浦東、広州白雲、深セン宝安の四大国際空港は中国全土の約40%の旅客数と50%の貨物取扱量を占めています。

中国の飛行機に乗り遅れの対応方法

 夏場は飛行機が遅延することがしばしばあります。なぜかというと、主な原因が二つ挙げられます。一つは、他の季節と比べて、夏は出かけるお客様が多いことです。もう一つは、夏場は嵐、雹、大雨、雷雨などの悪天候がよくあるので、飛行場や滑走路がよく一時使用出来ないことがあります。以上の原因で、お客も夏を選んで出かけ、それと悪天候にあうので、遅延に遭遇するのも珍しいことではありません。しかし、人々はよく国航、東航、南航、海航などの航空会社に文句を言いますが、実は何も役に立ちません。遅延に遭ったなら、ベストのやり方は、空港で待つことです。

1、良いフライトを選ぶこと

 できるだけ朝の便を選びましょう。旅行に出かける時、よく寝てから空港に赴くことはやめたほうがいいです。なぜかというと、航空会社では朝のフライトを終えたら次のフライトもあるからです。これは「フライトチェーン」といいます。前のフライトに遅延が発生すれば、後のフライトにも影響します。フライトが遅くなればなるほど遅延する時間が長くなります。ですから、朝の便を選んだほうがよいでしょう。それに、夕立は普段午後に降るから、朝のフライトを選ぶことは悪天候で遅延することを避けることができます。

2、評判のいい航空会社を選ぶこと

フライトを決める前、出発する空港には基地航空会社があるかどうかをチェックしてください。もしあれば、できるだけその中からフライトを選びましょう。基地航空会社というのは、航空会社がこの空港を自分の基地にするもので、飛行機も勤務人員も完備しております。例えば、一台の飛行機が問題があって飛べない時、予備の飛行機を起用することができます。もし普通の航空会社なら、別のところから予備の飛行機を調達するしかできないので、何時間も待たされる可能性が高いです。以下は四大航空会社の基地です。他の航空会社はネットでお調べください。

 全ての道理がわかっていても、人生は幸せしかないとも言えないように、たとえ基地航空会社且つ朝のフライトを選んだとしても、絶対遅延しないとは言えません。もし遅延に遭ったなら、以下のことをやるといいでしょう。

 1)航空会社のスタッフに尋ねること

 航空のアプリと空港の知らせより、航空会社のスタッフに尋ねるといいでしょう。彼たちが把握する情報は一番真実に近いです。ですから、遅延に遭った時、彼たちに訪ねたほうがよいでしょう。例えば、遅延の原因、全ての航空会社が遅延になってるか、それとも自分が選んだフライトの航空会社だけが遅延になっているかを聞いてみましょう。もし自分が選んだフライトの航空会社だけが遅延になっていたら、対応時間を聞くといいでしょう。

 対応というは予備の飛行機を調達することです。もし対応できないというなら、予備の飛行機を調達できないということで、いつ飛べるかわからない状態です。この時、以下のことを考えるべきです。

 2)航空券変更

 もし航空券を変更したいなら、できるだけ早くやったほうがいいでしょう。なぜかというと、多くの人が変更したいので、遅くなると、変更できないかもしれないからです。もし航空会社のスタッフが対応できないというなら、すぐチケット変更のカウンターがどこにあるかを聞いて、すぐに行って、自分のフライトが一番早く出発できるものに変えさせてください。もしこの航空会社が遅延する航空会社と自由変更の契約を結んでなければ、元の航空会社に遅延の証明を出してもらって、それを持って航空券代金を返してもらいます。その後、別の航空会社のチケットを購入し、セキュリティー検査をもう一度受けましょう。

 3)目的地を変更すること

 たまには、同じ目的地のフライトは全て遅延することがあります。例えば、北京が雷雨、あるいは深センが台風に遭われる時、そこまでのフライトが全て遅延になる可能性が大きいです。そういう時、チケット変更あるいはキャンセルし、別の目的地に変えたほうがいいでしょう。北京には雷雨があっても、天津が雷雨であるとは限りません。深センが台風の中心地であっても、広州は晴れているかもしれません。この十何年、中国には多くの新空港を修築しましたので、目的地の空港には着陸できなくても、その近くの空港に変えるといいでしょう。そこに着いてから、タクシーあるいはバスで目的地に行けば結構です。多くの場合、省都や人気の都市よりその周りの空港のチケットがとりわけ安いです。

 4)高速列車を利用すること

 滅多にないですが、目的地の周りは全て悪天候に遭われております。あるいは、前日遅延したせいで、空港で多くの人が床に座って、ラーメンを食べている人が多い場合、特に朝の便も飛べなかったし、自分のフライトも飛べる時間がわからない時、直接汽車駅へ行って、高速列車に変えましょう。実は遅延する場合だけではなく、旅の距離は1000キロ以内の場合、高速列車の方がもっと便利で安いです。

ただいまご希望の航空券を検索中です
このページを閉じないでください...