城隍廟元宵節(小正月)の廟会(縁日) 2015

開催日: 3月4日--3月6日
開催地: 上海
カテゴリー: 観光祭り

上海城隍廟は黄浦区南部、豫園および豫園商城に隣接しています。道教の寺院として、多くの殿堂があり、1年中廟の縁日は途切れません。毎年、旧暦の正月15日の元宵節前後、古城隍廟にある大小の店では、精巧な細工をしたいろいろなデザインの飾り提灯を掛けます。中にはガラスや明角などの材料で作成した元宝、宝庫、順風船、蓮華、コウモリ、蝶、金ヒキガエル、劉海が金ヒキガエルをからかうなどの飾り提灯があります。また凌絹や紙などの材料で作成した走馬灯、兎、蟹、鯉、貝殻、繍球、風車などの飾り提灯もあります。 豫園内の四美軒茶屋、得月楼、扇店などの茶屋、お店は、飾り提灯の下に灯明をぶら下げます。町の人々は“文灯”と“武灯”を行ないます。“文灯”の演技チームは、江南糸竹が奏でる楽曲を先導にして、五彩の紙で傘のような模様の精巧な細工を施した、色とりどりのイルミネーションが後に続きます。。“武灯” の演技チームは、リズムが強烈な太鼓によってリードし、中華竜(舞竜灯)と獅子舞チームが逆巻きながら後に続き、非常に熱烈な雰囲気を作り出します。

城隍廟元宵節廟会

シルクロード旅行 人気ツアー   マイツアー