中秋節

中国の中秋祭りは旧暦の8月15日で、新暦の9月、10月頃です。2016年の中秋節は新暦の9月15日で、16日と17日の連休があります。

中秋節は春節に次いで中国第二番目の伝統的な祝日です。中秋節の丸い月は団欒を象徴し、この祭りは「団欒節」とも呼ばれています。毎年、中秋節になると、人々は各地から家に帰り、家族と一緒に団欒の食事をします。

中秋節を祝う習慣は3000年余の歴史があり、古代の月祭りまで遡ることができます。

月餅を食べながら、月見をするのは風俗です。地方により、月を祭る、カボチャ、タニシを食べる習慣もあります。中秋節に親友の間に月餅を送ることも流行って、お互いに祝福の意を表します。

中秋節の歴史

中秋節は商時代(1600–1046 BC)の月を祭る風俗から始まり、今までは3000年余の歴史があります。伝統的な祭りとされましたのは唐時代(618-907)です。中秋節が盛んになるのは宋時代でした。

風俗と習慣

中秋節を祝うにはたくさんの風俗習慣があります。人々は月餅を食べ、家族で団欒の食事をする、月見などの活動で祭りを祝います。少数民族もそれぞれ違う中秋節祝い活動を行います。

食べ物

月餅は中秋節の間に最も人気な食品です。中秋節が近づくと、様々な種類の月餅は店や市場で最も目立つ場所に陳列されています。月餅は普通丸い形で、薄い皮に具材と餡を入れ、それを押しつけ、焼き上げた。

物語

中国の言い伝えでは、3人の神仙がみすぼらしい憐れな老人に姿を変えて、それぞれキツネ、サル、ウサギに食べ物を乞いました。キツネとサルは老人に食べさせる食べ物を持っていんでした。

月餅

月餅は、最初は月神を祭る供え物でした。その後、中秋に月見をすることと月餅を食べることは、「一家団欒の象徴」とされ、月餅はだんだん節句の贈答品になってきました。

挨拶

月餅は中秋節の間に最も人気で重要な食品です。中秋節が近づくと、様々な種類の月餅は店や市場で最も目立つ場所に陳列されています。月餅は普通丸い形で、薄い皮に具材と餡を入れ、それを押しつけ、焼き上げた。

中秋節の旅行

九月になると、実りの秋が来ました。山々や河川が次第に濃厚な色彩に染められ、自然の風景は油絵のように麗しくなってきました。今年の中秋節は国慶節の休暇も合わせて、八連休があるので、中国で働く日本の方にとって、旅行するには絶好のチャンスになります。秋の季節になると、四川省の九寨溝や安徽省の黄山、海南省の三亜へ旅行したりするのが良いでしょう。また、江南の古い町である烏鎮や朱家角鎮などへ行って、船に乗りながら、延々とした小川がさらさらと橋の下を流れる景色を楽めます。、こぢんまりした橋や東屋、楼閣で杯を交わして、明月を迎えるのも、趣に満ちた中秋節を送るのもいい選択でしょう。

お勧めのツアー