花火と爆竹祭り 2015

開催日: 2月21日&3月22日&4月21日
開催地: 三江
カテゴリー: 少数民族の祝日

花火と爆竹節はトン族(タイ系の少数民族の一つで、貴州、湖南、広西自治区に居住)の年に一度の伝統的な祝日であり、旧暦の正月の三日、二月の三日、三月の三日に行われます。祝日の第一番目の活動は「青(青色のもの)」を奪い取る」ことです。青年達が構成したチームはどらやたいこを打ち鳴らし、獅子舞を踊りながら行進します。通り沿いの家々はこのチームが自分の家の前に至ると、青い木の葉、野菜の葉などの包んでいる贈り物を竹竿の先に吊るして、二階の窓から垂らします。このチームは贈り物が目の前にして十数人が団結して相互に両手を組んでしゃがみ、他の仲間達に自分の肩の上に立たせ、下の十数人が立ち上がると同時に、上の人を上空に放り投げます。彼らが足どりがしっかり止まると、稲妻の早さで獅子舞者を半分空に投げます。この時、獅子の頭がすばやく贈り物に伸ばしていって、迅速に「青」を奪い去ります。人々は自分の「青」を奪われることがめでたいことのシンボルとし、そこですぐ爆竹を鳴らして祝福します。「青を奪い取る」という行動が終わった後、「花火を奪い取る」という行動が行われます。トン族地区で花火と爆竹の多い場所は、規模が最大のが貴州、湖南、広西チワン族自治区三省の境界である広西三江トン族自治県の富禄鎮です。この日三省の境の遠近の数万人のトン族とその他の民族の同胞は、ここにどっと集まって祝日を楽しく過ごします.

花火と爆竹祭り

シルクロード旅行 人気ツアー   マイツアー