三国志遺跡-姜維墓

姜維墓は四川省剣閣関にあります。西暦264年、鐘会は鄧艾が蜀を占領して反乱しようとしているとねつ造して誣告しました。司馬昭は長安に到着したあと、成都に進軍して鄧艾を護送車に監禁しろと鐘会に命じました。鐘会は蜀を占領したいため、姜維に戦略を聞きました。姜維は北方から来た兵士たちを全部殺せと指示しました。しかし、その陰謀がばれてしまったので、姜維と鐘会は戦乱の中で、その兵士たちに殺されてしまいました。姜維の遺体は斬り刻まれました。享年62歳。彼の妻も死刑に処せられました。

剣閣姜維墓の旧跡

剣門古道上の営盤嘴は山の峰が幾重にも重なり合っおり、高くそびえ、まるで天然の城郭のように見えます。三国の時、剣門関を守っていた蜀漢大将軍である姜維の墓はここにあります。姜維の墓は土の墓で、長さ2.8m、広さ2m、高さ1.5mです。墓の前に先祖の像と位牌が安置してある堂があります。堂の真ん中には、「漢大将軍姜維之墓」と彫られた墓石があります。1936年、川陝鉄道を建設していたので、この墓を平囊侯祠に移転しました。現在、もとの土はまだ残っています。

剣閣平囊侯祠

四川省広元市剣閣県剣門関観光エリアの東南部に平囊侯祠があります。姜維の墓は平囊侯祠内にあります。平囊侯祠は姜維祠とも呼ばれ、明代正徳年間から建て始められ、前後二つの庭に分けられました。前の庭に、劉備・関羽・張飛の座像が置かれ、武聖宮と呼ばれています。後ろの庭の正殿に、姜維の座像が置かれ、忠勤祠と呼ばれています。現在の姜維祠は2009年に前の場所に立て直したもので、もとの建築様式を基本的に維持し、姜維殿、授略堂、姜維墓が含まれています。

授略堂の後ろは姜維墓です。碑文には「漢大将軍平囊侯姜維之墓」が刻まれています。姜維墓がいくつかあるという説がありますが、本当か嘘かずっと言い争っています。この姜維墓は広元市で、第一回目に認定された重要文物保護単位の一つです。

お勧め三国志人気ツアー

西安、漢中ツアー

古都西安とトキの里漢中、洋県(4泊5日)

料金:4051元より

中国国内で唯一野生のトキが生息する漢中を訪問!中国を代表する古都、西安の市内観光も充実!

三國志ツアー
成都三国遺跡

三国志の舞台蜀の国の歴史紀行(4泊5日)

料金:6105元より

四川省の三国志ゆかりの地を訪問、三国志の英雄の墓にも行く、三国志ファン必見!

成都三国誌ツアー
中国オーダーメイドツアー

アラチャイナ(AraChina)は中国の各都市、地方までのツアーを提供しております。ツアーの日程(見所観光、ホテルなど)はお客様の希望により調整可能で、お客様だけのオーダーメイドツアーが作成できます。世界遺産ツアー、功夫ツアー、スキーツアーなどのテーマツアーもあり、ご興味により、中国独特な自然風景と文化をお楽しみください。 ツアーにない観光スポットも追加可能です。詳細についてはお問い合わせください。

お問い合わせ電話:0086-773-2885339
オーダーメイドツアー
  • アラチャイナ担当-張彬 張彬
  • アラチャイナ担当-沈慧香 沈慧香
  • アラチャイナ担当-吉智嵐 吉智嵐
  • アラチャイナ担当-趙蓬蓮 趙蓬蓮