三国演義のなりたち

中国が3つの勢力に分かれて抗争した三国時代は、中国では古くから講談や演劇の題材として好まれ、その取材元として利用されたのが『後漢書』と陳寿の『三国志』であった。陳寿自身の撰述した本文は民間伝承のように信憑性の乏しい情報の利用を抑制し、非常に簡潔な内容であることから歴史書としての評価が高く、また、南朝宋の裴松之が施した注が、陳寿の触れなかった異説などを三国志が高い評価を受けたために省みられず散逸してしまった多くの当時の歴史書からの豊富な引用によって紹介しており、講談作者は『三国志』の本文・注や、『江表伝』などのその他の歴史書から自由に素材を取捨選択して利用することができ、彼らの脚色によって様々なエピソードがつくられていった。

北宋の頃には、三国物の講談等は、中国を舞台にした戦記のなかでも圧倒的な人気の高さを誇り、繰り返し上演された。南宋から元の頃にはこれらの物語は書物にまとめられ、『平話三国志』と呼ばれる口語体による三国物小説が生まれた。

その後、明代に施耐庵あるいは羅貫中が三国物語をまとめなおし、三国志などの歴史書から小説の筋に適合する情報を取捨選択して加えたものが『 三国演義(三国志通俗演義)』である。ややもすれば聴衆への受けやすさを狙って荒唐無稽に語られた三国物語を、文学として優れた作品の域まで引き上げた三国演義は、明清代の中国で広く好まれ、四大奇書のひとつに数えられた。

三国演義が人気を博す背景には、劉備という人物の人柄と、民衆の熱狂的共感を受けやすい粗野な豪傑張飛に加えて、孔明、関羽といった半ば神格化されたヒーローたちを主人公に据え、小説の読者である知識人たちが好むように物語を改変したことがあげられる。また、曹操のような魅力的な敵役の存在は大きかったと思われる。南方に逃れた正統王朝(三国物であれば蜀)が主人公となって北方の大勢力(魏)と戦うという構図は、南宋と金の対峙の史実を反映しているとも考えられている。

資料提供:ja.wikipedia.org